懐かしのコニーアイランド・・・・・・・キューピーハーフのCM

e0028056_16274547.jpg

12月に入ってからもCMでいろんなましゃに出会えます。
でも何となく心惹かれるキューピーハーフのCM
懐かしいモノクロな感じはいつも好きなのですが・・・・・・・・
今回のCMに出てくるニューヨークのコニーアイランド。
ずっと昔何かの映画で見て・・・・・・・・何の映画だったんだろう?
何だかすごく懐かしいレトロな遊園地アストロランド
世界で初めて出来たジェットコースターではなかったっけ?
その木製のジェットコースター「サイクロン」も出てくる。
e0028056_1656383.png

e0028056_1812081.jpg

e0028056_1655389.jpg

もともと夏は毎日、春と秋は週末だけ、冬はオフになってしまうという遊園地
ちょうどオフの風景が、なんとも風情があっていい感じです。
遊園地自体は2008年に閉じられたそうですが
サイクロンと大観覧車はニューヨーク市の歴史的建造物として存続中。
そして真夏の雑踏とは一味違った晩秋のコニーアイランドビーチ
e0028056_16573623.jpg

e0028056_16575545.jpg

ちょっと寂しそうだけど・・・やっぱりシーズンオフに行ってみたい^^
周辺は再開発予定中らしいけれど
古き良きアメリカのレトロな雰囲気も大切に残してほしいなぁぁ~

しっかり自覚し直すとアメリカは、
スミソニアン博物館のあるワシントンも行ってみたいし
西部のグランドキャニオンも見てみたいし
北のナイアガラの滝も見てみたい。
見てみたい所は山ほどあるけれど、
自分には無理な気がしていた・・・

とりわけニューヨークはすごく憧れの街。
古いミュージカル『踊る大紐育』
(ジーン・ケリーが好きだったのです。)を見た時から❤
でもどうしても治安が悪いイメージが強く、
自分が行くことは考えたことなかったなぁ・・・
映画を見て憧れるだけ・・・・・・・・
秋冬のセントラルパークも行ってみたいなぁぁ・・・
子供の頃見た「ある愛の詩」に
セントラルパークのスケート場の場面は
今もフランシス・レイのテーマ曲と
オーバーラップして思い出してしまいます。
「巡り合えたら」でメグ・ライアンとトム・ハンクスが
待ち合わせるのは
キングコングの登ったエンパイヤーステートビルの
最上階だったと思うし、
「ユー・ガット・メール」の中にも
マンハッタンのアッパーウエストの街並が登場します。
「ホーム・アローン2」の中にもセントラルパークや
クリスマスのロックフェラー・センターが出てきます。
好きだった映画の舞台になったような場所が
いっぱいあるのがニューヨークですね。

コニーアイランドは何の映画で見たのでしょう?
海辺に観覧車とジェットコースター
そう言えばあまり覚えていないけど
「アニー・ホール」にも出て来ましたよね。
ダイアン・キートンがお洒落でしたね~~~
e0028056_18304156.jpg

誰もいない冬の海を前にベンチにひとり腰かける後姿・・・
前にも何かの映画で見たような気がするのですが・・・
これって、デジャ・ヴーかしら?
「アメリカン・グラフィティ」の舞台も
こんな感じの街だった気がしますが・・・
あれはカリフォルニアでしたよね・・・
e0028056_18354531.jpg

コニーアイランドのちょっと不気味で可愛いトレードマーク
e0028056_18364292.jpg

かなりディープだけど、
レトロな感じが何ともいえずいいですよね^^

デ・ニーローとライザ・ミネリーの
「ニューヨーク・ニューヨーク」も思い出しましたよ。
ストーリーは忘れてしまったけれど、
あの曲のイントロは覚えている。
エンディングのクレジット・タイトルの時も
あの曲が流れてたね・・・

懐かしいですね~若いですね~デ・ニーロー^^
e0028056_180232.jpg

治安が悪いと言うけれど、今ではたくさんの日本人が住んでいて
ネットでもニューヨーク在住の人のブログが自由に読めます。
キューピーハーフのCMを見て、
ニューヨークのブログを読んでいると
うずうずと行ってみたくなります。
e0028056_18441638.jpg

いまだお会いしたことのない
自由の女神さまにも会いたくなります。

UK積み立ては達成でき、夢も実現したので
今度はUSA積み立てをしようかな(●^o^●)
[PR]
トラックバックURL : http://budda88.exblog.jp/tb/17036322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by budda88 | 2011-12-09 23:25 | MASAHARU FUKUYAMA | Trackback | Comments(0)