憂鬱な検査結果

アマリリスが見事に咲いた2月25日
乳がんの術後10年のエコー検査に行きました。

それから先日受けた
マンモグラフィーとCT検査の結果を
聞くことになっていたのですが・・・

この日も相変わらずお忙しそうな主治医・・・
エコー検査も特に異常はない様子で
後はまた1年後、かと思われたのですが・・・・・・
エコー後の主治医との面談で

「マンモグラフィ―も異常なしだし腫瘍マーカーも正常、
 エコーも大丈夫だったし、CTは・・・・・
 あれ?これは?ちょっと・・・
 エコーにこんなの映ってなかったなぁぁ・・・
 あれぇ、もう1回見直さなきゃ~」


「えぇぇぇΣ(,,゜∀゜,,;)何ですかぁ?」


「術側の胸筋のリンパ節がちょっと腫れてるみたい・・・」


「えぇぇぇΣ(,,゜∀゜,,;)」


で、もう一度エコー室へ
技師の方がもう一度ベタベタジェルをつけ直し
「異常ないみたいですけど・・・・・
 あぁぁ結構深い所に何かあるみたい」


「えぇぇぇΣ(,,゜∀゜,,;)」


先生にバトンタッチして
先生もエコーで見直し
「うぅぅぅん・・・これは!
 この部分を採取して病理で
 みてもらいましょうか・・・」


「えぇぇぇΣ(,,゜∀゜,,;)今からですか?」


「肺に近いから細い針準備して~
 病理の人呼んできて~」と
 看護師さんに指示する主治医・・・
 何か和やかな雰囲気から
 一転してあわただしい雰囲気に!
e0028056_23115012.gif

穿刺吸引細胞診というと多分こんな感じです。(;^_^A
怖くてちゃんと見れませんでしたが・・・

心の準備が出来ていないまま・・・
超音波で場所を確認しながら
胸板にぎゅうぅぅぅぅと注射器が・・・・・・・・
くくくくく・・・・
乳房の時はあまり痛くなかったのに
乳房の無くなった胸骨に直で射し込むので
かなり痛い・・・・・・(T_T)
まだ注射が上手い主治医が吸引してくれたので
これでもマシな方かも・・・・・・

その日はそのまま
放心状態で帰宅し
あまり実感のないまま
次の日は仕事に出て
その次の日は午後から
脳のMRI検査を受けた。

明日は身体の他の部分は大丈夫かどうか
PET検査を受けることになっています。

昔から甲状腺にリンパ液がたまって腫れたり
足の甲にガングリゴンというリンパ液の腫瘤ができたり・・・
良性のリンパ液だまりみたいなものが
何度か出来た事はあるので
どうかそういうものであればいいのですけれど・・・・


術後10年・・・アマリリスの美しい開花とは対照的な
憂鬱な展開となりました。トホホ
e0028056_23155733.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://budda88.exblog.jp/tb/22845615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by budda88 | 2015-03-01 23:17 | breast cancer | Trackback | Comments(0)