BROS.25周年大祭


e0028056_14201753.jpg
体調も不安だし、やっと自毛デビューしたばかりで
見た目も後ろ向きになってしまう
ぶちゃいくな自分(T_T)
直前までどうしようか迷っていたけれど
音楽や感動は自由だもんね!
e0028056_14303328.jpg
気合を入れて、BROS.25周年大祭に参加してきました。
再発治療開始より1年半後・・・初めてのライブ
e0028056_14313020.jpg
初めての東京ドームはその広さだけでも感激でした。
一番ステージに遠く天井に近いスタンド席だったけれど
会場中が見渡せ、素晴らしい眺望でした。
演出や照明もとても綺麗に観れて
かえって立ち難い体力のない今の自分には
座りやすく広く観えるありがたい席でした。
デビュー当時からの貴重映像と交互して
セットリストも弾き語りが主体の
優しい選曲で、段々聴いているだけで
元気が出てきて、
会場をぐるりと回るランウェイをトークしながらの
ライブ感あふれるライブに
やっぱり立ってしまいましたが
心配したよりも身体も大丈夫でした。
昨年のデビュー25周年ライブも

稲佐山もお留守番組だったから
初生『I am HERO』や『ステージの魔物』は
すごく嬉しかったし、
ドラマ『ラブソング』の中の
挿入歌も初セルフカバー
さくらちゃんや詩織ちゃんの声も良かったけれど
福山さんの声で聴くと・・・やっぱりいいな~
リオ・オリンピックの楽曲『1461日』や

ブラジル 打楽器集団「オロドゥン」とセッションした

『 Dogons(ドゴンス)』も

リオ・オリンピックを彷彿とさせてくれたし
『ながれ星』『遠くへ』『道標』・・・泣けました。

『もっとそばにきて』で「もたれてイイよ♡」が出ましたよ^^きゅん

e0028056_15271315.jpg



e0028056_14334660.jpg
ちょっと(かなり?)しんどかったけれど
来れて良かった。
心配しながらも行かせてくれた夫にも感謝♡
会場のすぐ側に新幹線チケットとセットで宿が取れたので
移動も楽で終了後も早々に入浴して
身体を休められ、同じ宿のライブ友とも
再会していろいろ話せたので良かったです。


追伸:
事故の事は、あとでニュースで知り驚きました(^_^;)ライブ中は全然分かりませんでした。
女性スタッフの方本当にお気の毒でライブの感動を表すのは不謹慎かなと悩みましたが、
スタッフの方々みんなの汗の結晶のライブがあんな事故があってもそれを感じさせないくらい
素晴らしい感動的なBROS.25周年記念ライブだったことを伝えない方が
彼女の無念も報われない気がして・・・敢えて、この感動を文章に残しておこうと思いました。
本当に彼女の傷の回復と現代医療による損傷の修復を心からお祈りいたします。

最近病に対する違和感で
葛藤していたので
会場でライブ友さんたちとも久々に再会出来て
全く違う視点に立つことで
少し気持ちがリセットできた気がする。

e0028056_14520098.jpg
e0028056_15005197.jpg

いくらイイ格好して自分の気持ちを
合理的に説明しようと思っても
やっぱり病への不安や選択の行き詰まりなど
不条理な感情をまとめて克服しようなんて
なかなか出来ない・・・
理屈じゃないのです。
心がその瞬間だけでもみんなとひとつになって、
理屈じゃない一体感に癒され救われた。














































[PR]
トラックバックURL : http://budda88.exblog.jp/tb/24684248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by budda88 | 2016-09-27 00:06 | MASAHARU FUKUYAMA | Trackback | Comments(0)