年末に夫と次男、正月に長男と次男
そして何とかみんな元気になっていたのに
先週末からまた次男が40度の発熱。
今週の頭もなかなか熱が下がらず、
やっと治って学校へ行ってくれたと思ったら
最後の最後に私にきてしまいました。
とにかく周りが風邪だらけだし
次男の学校は体育会系なので、
みんな少々熱があっても、クラブのために出てきたりするので
ウィルスもすごいパワフルみたいで
普通人のうちの子は1個治っても
すぐ違うのをもらってくるみたいです。
e0028056_16305189.jpg

だから、今年はビタミン剤飲んだり、ドリンク剤飲んだり
早目に早めに予防していたのに・・・
喉痛いし、咳でるし、木曜・金曜が特にひどくて
長男がテストだったので、朝送って行って
帰りにスーパーに寄ったんだけど、ゾクゾク寒気がして
しんどくて・・・もう後は良く覚えてなくて
帰宅して葛根蕩ドリンクを飲んでバタンキュウ。
今日も朝ごはんとテストのある長男の弁当だけ作って
寝込んでいました。
昨年末から皆でのどの痛みに重宝していたCo.opのゆず茶が
底を尽いて来ました。
まだ1か月も経っていないのに・・・
e0028056_16401458.jpg

これは高知県北川村のゆずがたっぷり入っていて
はちみつが喉にやさしい、ビタミンCとクエン酸で疲れをとってくれます。
なんだけど・・・買いに行くのしんどいな・・・・・・
晩ごはん何しようかな・・・しんどいなぁぁぁ
[PR]
by budda88 | 2008-01-26 16:44 | breast cancer | Trackback | Comments(4)

太鼓で遊ぼ。

すまっぺさんに誘われ『太鼓で遊ぶ in 酒心館 vol.3』という催しに
サスケさんと3人で灘五郷の酒心館へ行って来ました。
造り酒屋さんの一角にある酒心館は
木の香りが快い木造りのイベントホールと
「さかばやし」という創作和食処と、様々なお酒や手作り豆腐
日本のあちこちから集めた美味いもの、珍味、
酒粕石鹸や和風雑貨などがそろったショップコーナーが
渋~い感じの落ち着いた昔たたずまいの中に隣接しています。
e0028056_0245144.jpg

太鼓のコンサートは1時からなので、「さかばやし」で
「寿」(1,300円)というランチセットをいただく。
豆腐やお野菜をふんだんに使った素朴なのに繊細なお味。
お汁は味噌汁ではなく、お酒屋さんらしく粕汁!
食前酒に出た米米酒はピロリ菌を駆除したり、とても体に良いみたいだったけど・・・
車だったので、一口だけ・・・内緒・・・
ランチには他にも1,800円で
自家製豆腐コースと自家製手打ち蕎麦のコースがあり
どれも美味しそうでした。
e0028056_024719.jpg

1時から始まったコンサートは、ステージのコンサートともまた違い
間近で、ひと続きの木の床で演奏されるため、生の太鼓の鼓動が
ドンドン伝わって来て、「ライブ」という感じで圧巻!迫力!
e0028056_0251611.jpg

また淡路の人形浄瑠璃の太棹三味線を交えた風情のある演奏や
琴の三重奏、南米の笛ケーナーの独奏、
のこぎりなど和の道具を用いた珍しい演奏など、
4時間近いライブも次々と変化に富んだ内容で
とてもエキサイティングでした。
e0028056_0254952.jpg

e0028056_0261814.jpg

そして、ゲストの和太鼓松村組の木村優一さんたちの演奏は
さすがプロ!斬新なオリジナルの創作太鼓には本当に感動しました。
また、八丈島の八丈太鼓の奥山さん浅沼さんの演奏も力強く、
浅沼さんの黄八丈姿もとても素敵!
日本人として、和の魂を揺すぶられるようなひとときが過ごせました。

ワンカップ梅酒の凍結酒をお土産に買ったら、お風呂上りに
シャーベットみたいで美味しかったです。(´ ▽`).。
[PR]
by budda88 | 2008-01-21 01:14 | Trackback(1) | Comments(6)

あれこれ2008年

2008年
e0028056_0123250.jpg
パーマをあててきました053.gif
ホルモン療法はまだ続けているので、
少々抜け毛はあるけれど・・・・・・
すっかりトップもすそも綺麗になった
髪が気にならなくなった2007年は、
あんまり写真を撮らなくなった。
e0028056_0145773.jpg

072.gif2006年まだまだベリーショート。
生え方が変で
頻繁にいろんな角度から
写真を撮ってチェックしました。→
072.gif2005年は
術前タキソールから術後ECへ
落ち武者→お坊様→GI ジェーン
と、今まで見たことのない自分と遭遇・・・↓
e0028056_0422363.gif

早いものです。一番ショックだった脱毛も、直面してみれば
達観して乗り越えられられたのが不思議です。

e0028056_165429.jpge0028056_171353.jpg
060.gif










16日は、用事で尾道に行って来ました。
生まれて初めての尾道・・・もっと遠いかと思っていましたが、行ってみると新幹線で1時間ぐらいで、意外に近かった。駅のすぐ上にお城があるのでびっくりしましたが、これは観光用に作られたお城のレプリカント。出来た当初から歴史的裏付けがないということで賛否両論が飛び交い、今は閉鎖され廃墟になっているのだそうです。でも離れてみると、結構立派なお城に見えます。
駅の南にある港には、対岸の向島へ渡る連絡船が行き交っています。最近はしまなみ街道の新しいブリッジが出来たので、遊覧船化しているようです。お船も何となくお城風のデザインです。
e0028056_119108.jpge0028056_1194170.jpg
時代がかった中国新聞のビル。駅近くのお稲荷さん・・・どこもここも懐かしい風情に溢れています。






e0028056_1241870.jpg

午後からは分子生物学者で筑波大学名誉教授。
農学博士の村上 和雄先生の講演を
お聞きしました。1983年に、高血圧を引き起こす原因となる酵素
「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功され「生命の暗号」などの著書で
世界的に有名な村上先生ですが、最近はお笑いと病気の研究や、
遺伝子と心のしくみについても、幅広い研究をされています。
本当に気さくでユーモアのある口調で吉本興業の協力を得て
証明することが出来たお笑いの効果によって糖尿病が改善するという
ユニークな実験についての興味深いお話も聞くことが出来ました。
「笑う!遺伝子」(一二三書房)、「遺伝子オンで生きる」(サンマーク出版)は
以前に読ませていただき、とても元気が出ました。
子供のことで参加した講演会でしたが、
乳がんの闘病にも参考になる内容でした。

「人間は誰でも自分の中に、
ものすごい力を発揮できる素晴らしい遺伝子を持っている」

●遺伝子の働きと、環境や精神的な刺激の関係。
●良い遺伝子に刺激を与え目覚めさせる刺激とは?
●「悪」と考えがちな「ストレス」が、良い遺伝子を目覚めさせるとき。
●遺伝子をオンにして、自分の可能性を、発揮して生きる。
●人間は、いくつになっても才能を開花できる。
[PR]
by budda88 | 2008-01-19 01:45 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(2)

Welcome!2008年!
2007年は年末までバタバタバタバタ、
例年通りの御鏡パックにしめ縄リースをお玄関に。
何だか手抜きなお正月準備。
e0028056_12144823.jpg

ちょっと間に合わせのお正月フラワーアレンジメントと
昨年子供のPTAの講習会で作った寄せ植えを
ハローウィン、クリスマスと、花やピックを差し替えて
使いまわしていましたが、お正月もそれバージョン。
e0028056_1215511.jpg

年が明けた途端、年末からずっと風邪気味だった次男の熱が急上昇し、
お年始に夫の実家にお年始に行くはずだったのですが、
夫と長男だけお邪魔し、後から私はご挨拶だけ行ってすぐにとんぼ返り。
いつも美味しいおせちをごちそうになるのですが
今年は蟹すきということで、ちょっとオードブル風の手作りおせちを手土産にと
作っていたのですが、母と妹の分だけことづけたら、
かわりに食べられなかった蟹すきのたらば蟹やイクラ、
お母さんのお手製の黒豆や田作りをGet!☆⌒(*^-°)v
e0028056_12242945.jpg

e0028056_1224484.jpg

あとは家でおせちを適当にオードブル風に大皿に盛って食べました。
小鯛寿司とサーモンとかぶの奉書巻きが珍しくてちょっと好評でした。
今年は雑誌に載っていたので、金時人参を煮る時に
梅干しを入れて煮てみたのですが、
人参臭さが消え、梅の風味で美味しく頂けました。
次男は吐き気もして全然食べれず、熱も39度とかになって来たので
元旦からRI病院の救急外来へ。
何だかインフルエンザのよう・・・最近高校生ぐらいはタミフルが使えないらしく
風邪薬と消炎鎮痛剤(頭痛がひどかったので)と吐き気止めをもらって帰宅。
子供が小さい時は救急外来で行くと、時間外なので
預かり金を渡して後日精算だったのですが
今回はキチッと平常会計で、お正月でも1,880円だった。
小さな子どもがいると、結構頻繁に救急に行く場合もあるので助かるよね。
病院も日々進化しているのだ。
帰って来たら、今度は長男も39度の発熱!がぁぁぁぁ~ん【T__T】
今度からやっぱ、家族中インフルエンザの予防接種しなきゃ・・・・・・・
2日は田舎の50アニバーサリー同窓会だったのですが
急きょ、前日のドタキャン!幹事の同級生にことわりのお電話を入れたら
お母さんが出られて、何だかすごく懐かしかった。残念!
e0028056_12351944.jpg

深夜、次男の熱が少しましになって来たので、卵おじやを作ってやったら
やっと食べれて、朝から何も食べていなかった次男には
この卵おじやが2008年初めての食事になった。
ま!とりあえず症状が落ち着いて、良かった。というわけで、
レモンビールで新年のインフルエンザ騒動を労って一杯。(´ ▽`).。
と、相変わらず今年もこんな感じか・・・とあきらめつつ
良い一年になるといいのにな~~~~ぁ、
いや!前向きに・・・良いお年にしましょう!
というわけで、今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by budda88 | 2008-01-02 12:44 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(12)