いのちの巡礼

 2月22日―兵庫県いのちと生きがいプロジェクトⅣ
淀川キリスト教病院 がん介護専門看護師 田村恵子先生特別講座
『ターミナルケアと家族の役割』が開催されました。

すまっぺさん、Kさん、Tさん、サスケさん、海のしずくさんと
「レストラン・アオイ」での待ち合わせランチ(おいしい様子はすまっぺブログに詳細が)のあと、
e0028056_10414255.jpg

早めに会場に入り、私たち裏方はバタバタと準備に走り回っていました。
今回はすまっぺさんやTさん、サスケさん、海のしずくさんが
受付や準備を引き受けて下さったので
私たちは会場のセッティングに専念できました。本当にありがとうございました。
前回の講演会で、ノートパソコンとプロジェクターの機種が合わず
右往左往したので、今回は事前にリハーサルまでしたのですが・・・
機械音痴なのにパソコン係の私・・・最初にDVDを放映するということになっていたのが
直前にパソコンとDVDをプロジェクター上で
うまく切り替えられないので、管理部に係のおじさんを呼びに行って
バタバタとエレベータに乗り込もうとしていました。

すると、一瞬不思議な空気が流れ、そこに物静かに
ひとりの小柄で華奢な女性が立っていました。
打ち合わせには代表と副代表が行かれたので
TVとHP以外は実際に面識がなかったけど・・・
どこかで見た印象的なお顔・・・ま、まさかぁぁ?
「た・・・たむら先生ですか?」
返事の代わりにクリアな笑顔が返って来た。
アタフタしながら「どうぞ、お待ちしておりました。」とエレベーターへの道をゆずる。
管理部のおじさんと3人、何を言っていいのか分からず・・・
「本日はお世話になります。よろしくお願い致します。」とだけ挨拶した。
会場は2Fなのですぐ、扉が開きホッ~
受付で準備していた、代表や副代表に「先生がお越しになられましたよ。」とバトンタッチ!
『ターミナルケアと家族の役割』という重いテーマを敬遠していた私は
何だかすごく自然体で、気取りもなく、想像していたより可愛い雰囲気の
田村先生にホッと心が柔らかくなるのを感じました。

今回は会員だけでなく、一般参加者も多く、
看護師さんなどの医療関係者や乳がん以外の闘病者、
介護関係者も多く参加されていました。
前日お忙しかったにもかかわらず、
京都からちこちこさんも来て下さり感激!!

「今朝、ひとりの患者さんの旅立ちに立ち会って来ました。」
最初からショッキングな話題にドキッとしましたが、
優しい表情と言葉で語られる、旅立って行った患者さんへの想いに
会場には涙ぐんだり、鼻をすする人も・・・・・・・
私はその穏やかさに、何だかすごく安らかな気持ちになりました。

講座の内容はかなり専門的な事が多かったのですが
『ホスピスの理念』というところで、
ホスピスの由来が中世の巡礼者の休憩の場と言う話を聞きました。
その休憩の場で、巡礼者は病気や飢え、旅の疲れを癒されるような、
親切で温かいもてなしを受けたそうです。

“がん患者は人生の巡礼者”・・・・・・・・抗がん治療の苦しさを思い出すと
何だか胸が熱くなって来ました。
そうすると、ネットの仲間や患者会の仲間は
闘病と言う巡礼の旅のお連れという感じでしょうか・・・・・
がん闘病中の祈りにも似た気持ちは、まさに巡礼の旅のようです。

 がんにおける病の体験は決して病気の症状だけの問題ではないということを
田村さんは力説されました。
田村さんのホスピス研究に大きな影響を与えたというDr.ソンダースのお話は
とても共感の持てるものでした。
 がんという病は客観的な症状だけでなく、もっともっと主観的な苦痛
トータルペイン(全人的苦痛)を伴うものであるから
単に身体的な側面のケアだけでなく
精神的・社会的・スピリチュアルなケアが必要であること。
他の治癒しやすい病に比べて、疎外感や、孤立感も強いし
目に見える喪失や、見に見えない喪失の連続である。
人生の中断を強いられる辛さは、元気な人には分からない。
そんな複雑な痛みにどう対応していくか?
ソンダース博士は、そんなホスピスケアの礎を築いた人だそうです。

彼女は既に乳がんで他界されたそうです。
田村さんはそのDr.ソンダースが来日した時にエスコート役として、
素晴らしいお人柄に触れることができたこと、
お別れの際にハグし合ったことが、人生の大きな宝物だと語られました。

主にケアする側の心構えが多く語られたけれど、
患者である自分にとってもどう生き抜くかという
心構えの参考になった気がします。

e0028056_18471296.jpg
e0028056_18474226.jpg













 2月は寒くて、水やりもろくにしていませんでしたが
ほのかに春めいてきたベランダに出ると、木の芽や小さな蕾があちこちに・・・・・・
生きている限り、寒い冬にも春はまた巡りくるのですね。
e0028056_18582199.jpg
e0028056_18584189.jpg













週明けに、やっと腰と胸のCTを撮ってもらいました。
昨日は婦人科検診の結果を聞きに行きました。
子宮は体がんも頚がんも心配なく、卵巣のエコーも綺麗でした。
取りあえず、ホッとひと安心。
痛みの原因追及と、緩和のための工夫は be continued.
[PR]
by budda88 | 2009-02-26 10:29 | breast cancer | Trackback(1) | Comments(4)

冬の動物園

e0028056_1056262.jpg

ちょこっと冬の動物園・・・・・・・・・・・・・
e0028056_10564153.jpg

夏はへたっていたシロクマ君も颯爽と元気です。
[PR]
by budda88 | 2009-02-10 11:08 | Trackback | Comments(0)

検査してみたら・・・

朝いちで乳腺外来に行って、背骨、腰がすごく痛み
太ももや脚の背面もつって、しびれることを伝えたら
背骨と腰骨のX線撮影をすることになった。
腰はいろんな角度から撮った。
背骨の方は、骨自体は特に異常な所見は見られず
触診でも特のおかしなしこりもなかった。
取りあえず「骨転移」や「骨が破壊されたり溶ける」状態でなくてホッ~e0028056_1304813.gif
e0028056_11462225.gif


骨というより、背筋や靭帯の衰えによる疲労痛、コリのようなものらしい。
腰の方は、腰椎の骨と骨の継ぎ目が明らかにずれていて
これによって、神経が圧迫されて
腰の痛みや脚のしびれが引き起こされているようだとのことで
急きょ整形外科へ。
e0028056_12143229.gif

背中や腰、足の筋肉、しびれ、
それに最近ひどくなった左手首の痛みを一気に訴えた。
どれもよくある症状で、特に重篤なものではなく
シップや鎮痛ジェルで炎症を抑え、
あとは痛みどめで痛みをコントロールしながら
マシになるまで安静にする。しかないということで・・・・・・・・
でも、要注意なのが背骨より腰骨のずれ。
↓ このL5という5番目の腰椎がずれていてすべり症という症状だそうです。
e0028056_1215347.jpg

悪化すると手術とかしないと痛くて歩けなくなったりするらしい・・・(;^_^ A
どうすればいいかというと、一度なると治らないそうです。
体操したり、ウェイトダウンして症状を緩和するくらいで
それが出来ない時はコルセットをして、注射で痛みを遮断する・・・・
e0028056_12255917.gif

痛みどめを処方してもらって少し痛みはましになったけど、
やはり足のしびれや、圧迫感は残ります。
最近、体中がコリつめてしんどかったし
午後からも少し時間が空いていたので
「手もみ庵」でマッサージ初体験。
e0028056_1325727.jpg

かなり前からブームになっていて
あちこちに美容院感覚でいろんなお店が出来てるけど
一度も行ったことがなかったのです。
あちこちにあるんだけど、御影店にTELしてみるといっぱい。
六甲店の方が少し空いててすぐ予約。
行ってみると、老若男女が来ていて、
意外に若い女性が多いのにびっくり!!!
少し待って、コッたところや痛いところを書き込んで
奥の部屋に。カーテンで区切られた部屋が
いっぱいあって、これまたびっくり。
お洒落なBGMがかかっていて・・・何だかお洒落~~~♪
e0028056_132731100.jpg

夫や知り合いの方にカイロプラクティックスとか勧められても
何となく敬遠していましたが、マッサージなら試し易そう。
担当も親切そうな女の人で、辛いところを丁寧に聞いてくれた。
とにかく足も腰も背骨も首筋も辛いので、ボディ+フットコースに。
初回割引で 70分 5420円が4860円と思ったよりリーズナブル~♪
軽いコースなら2000円ぐらいからあるので、何だかまた来たい感じ。
フットクリームマッサージは本当に気持ち良くて、
しびれや外反母趾の痛みがかなり緩和。
背中、肩、腰、脚の後ろ側、首筋、頭もすごく気持ちよくて
凝りつめていたものが、スーッと楽になった感じだった。
痛みは次の日にはまた戻って来たけど、
血行も良くなったみたいだし、痛みの緩和には良かったみたいです。
あぁぁ、もっと早くに来てみれば良かった。
e0028056_13525798.jpg

[PR]
by budda88 | 2009-02-03 13:39 | breast cancer | Trackback | Comments(0)