秋雨の日

今日は朝から、雨もよう・・・・・・・・・・
急に気温も下がり、澄み切った秋の朝でした。
e0028056_214257100.jpg

山々の谷からは、幻のようなもやがわき上がり
六甲山系はひんやりとした表情です。
e0028056_21445878.jpg

母の庭に文句をつけていたけど、
今年の夏は確かに暑かった。我が家のベランダも夏枯れのうえ
出がちでお水をやり忘れた日が続き
可哀想にクリスマス・ホーリの実のつきが悪い・・・
母のこと、言えないな・・・・・・・・。
e0028056_2149426.jpg

紫式部は、急な気温の差に例年通り紫に色づいて来たけれど、
水やりを怠けたせいで、葉が夏枯れのまま黄色くなって
ちょっと触れると、すぐ散ってしまう。
・・・・・・・・・・ごめんね、ほったらかしにして。
e0028056_2154097.jpg

枯れてしまった花や、木を整理して、
何だか土中にきゅうに増殖した根っ切虫やヤスデを一掃して、
お花屋さんで見つけた、ジュズサンゴを植えてみました。
「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い? 赤い実を食べた」の歌に出てくるような
やわらかく可愛い赤い実と白い花。
e0028056_2222435.jpg

枯れなくても、伸びすぎたものや、上へ上へ花や葉がついて
下の方が枯れてしまったものを、思いきって整理して
ちょこちょこと気に入ったお花やグランドカバー用の葉ものに入れ替えた。

お彼岸を過ぎるとひと雨ごとに涼しくなると、昔から言われるけれど
明日はまた、暑さが戻る晴天との天気予報・・・
さて予報の当たり外れはいかなるものでしょう?
[PR]
by budda88 | 2009-09-30 22:07 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(2)

最近、どこのケーキ屋さんでも・・・
ケーキ屋さんだけでなく和菓子屋さんや果物屋さんでも
なぜか・・・ロールケーキブーム。
で、なぜかロールケーキだけのお店も続々とオープン。
あの行列はなんだろう?と思ったら、何と!ロールケーキ屋さんでした。

◎はらロール
e0028056_21324445.jpg

家の近くに9月はじめにオープンした
「安心おやつ」のはらドーナツの姉妹店「はらロール」。
原とうふ店の豆乳をふんだんに使用した滑らかなクリームを
小麦粉を使わず国産米粉のみのスポンジでふんわり包みこんだもの。
  豆乳・・・ 神戸市湊川の老舗「原とうふ店」の無調整豆乳。
  米粉・・・ 国産の米粉を使用。小麦粉アレルギーの方にも安心。
  たまご・・・ 赤卵と呼ばれる、新鮮で栄養価の高い卵を使用。
  生クリーム ・・・東北産の絞りたての生乳を使用。
  はちみつ・・・ 岩手県の藤原養蜂場のあかしあ蜂蜜を使用。
お店もシンプルですが、ケーキもシンプル。
★はらロール 2種各\336円 白巻:練乳とはちみつ味 青巻:軽めの豆乳味
★紅茶 \378円 有機アールグレイ茶葉とクリ―ム
★抹茶 \378円 京都の有機抹茶の生地でクリームと柚子餡を包みました。
★きな粉 \378 円丹波の黒豆きな粉の中にほっくり黒豆がアクセント。
★胡麻 \378円 有機胡麻100%を使用し2色の胡麻をトッピング。
★竹炭 \378円 国産竹炭を練り込んだ真っ黒ロール。

はらロール青巻ときな粉ロールを買ってみました。
青巻きは、すご~く糖分控え目で本当にあっさり味!
e0028056_2146888.jpg

個人的に好きなのはきな粉ロール、とってもロハスなお味です~♪
ふんわりきな粉味のクリームも黒豆も優しい味です。

◎御影山手ロール
こちらはたまたまこの前をよく通るのですが、
最近いつも行列が出来ているので、何かと思ったら
こちらもロールケーキ屋さんでした。
e0028056_21573287.jpg

e0028056_21575312.jpg

彩りロールを買ってみました。
中にいちごやキウィなどが入ったクリームがとってもフルーティでした。
黒豆ロールと和三盆ロールも買って、家族で少しづつ味見しましたが
和風な甘みで美味しかったです。

最近ケーキ類は滅多に食べないので
1個ごとのスライスカットを買いましたが。
長いロールを何本も買う人もいて、びっくり!
でも甘さ控えめのものが増えて、
私たち闘病中の者でも、少しは安心して食べれそうです。
[PR]
by budda88 | 2009-09-28 22:09 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(2)

e0028056_135145.jpg

そして大蔵海岸をさらに東へ走ると、舞子。
明石海峡大橋の雄大な橋脚が
すぐ間近に、目前に、見ることが出来る。
これが圧巻!そして橋のすぐ東に
中国の革命家・思想家である孫文ゆかりの洋館、移情閣がある。
e0028056_1462244.jpg

もともと神戸の華僑である呉錦堂の別荘の一部で
八角三層の建物なのに、私たちは六角堂と呼んでいた。
というのは外から見るとなぜか六角に見えるから。
明石海峡大橋が出来る前は、海沿いの道に細長い遊歩道があり
その遊歩道をはさんで東端にこの六角堂があり、
西端にはマクドナルドがあったな・・・
明石海峡大橋が出来てからは、すごく立派な公園になり
明石海峡大橋を借景に、雄大な景観をかもしだしている。

最近はなかなか来ることもなかったのですが・・・
長男が小さい時に夏休みの自由研究で、
橋の博物館にいろいろと資料を集めにきました。
すごい雄大さに子供ながら感激し、
海への架橋の大変さをまとめて提出したことを思い出しました。

e0028056_14155486.jpg

おだやかな最後の休日・・・ひとりの散策も結構楽しい。
孫文自体にはあまり知識はないけれど・・・
現在は孫文記念館として、日本と孫文、神戸と孫文の関わり
呉錦堂の生涯や移情閣の変遷、
神戸における華僑文化の片りんがうかがえる資料等が展示されており
はるか昔の人たちを空想しながら、建物のあちこちに隠れている
かつて存在した人々の記憶や息づかいに、そっと寄り添うのは楽しい。
e0028056_14213866.jpg

この八角の見晴らしのいい広間で、孫文歓迎の昼食会が開かれた。
e0028056_14283493.jpg

ここで、どんな人たちが、どんな日々を送ったんだろう?
この世のもうどこにも存在しないけれど・・・
かつては生き、語り、いろんな事を感じ、
今、この時を生きていたんだよね・・・
e0028056_142271.jpg

この窓から何を思い海を眺めたんだろう?
e0028056_14384716.jpg

それぞれの人となりや、生き方を空想しても、真実はもう分からない。
e0028056_14222219.jpg

木の窓、木の天井、曲線が美しい灯り、
触れるもの触れるものが温かい感触で、小じんまりと居心地が良い・・・
e0028056_14223439.jpg

何もかも忘れて、時の経つのも忘れて・・・・・・・・・・・
e0028056_1563379.jpg

[PR]
by budda88 | 2009-09-25 21:43 | 生きるということ | Trackback(1) | Comments(0)

今年は兄の7回忌、
「部屋をリフォームして、家じゅうが散らかっていたり
工事の間、夏枯れのもので庭が荒れてしまい
シルバーのアルバイトのおばさんたちに草刈りに来てもらって
草は何とか刈ってもらったけど、
趣味の鉢ものが収拾つかなくて、くたくたで・・・」とか母が愚痴っていたので
e0028056_12114929.jpg

シルバーウィークの連休だし、何と言っても敬老の日だし・・・
e0028056_21213829.jpg


子供はテスト前で勉強、夫は仕事がらみの付き合いがあったり・・・
家族の予定はバラバラの我が家、しょうがないから
ひとりで手伝いに行った。で、大して役にはたたないけれど
見るといらない植木鉢とか捨てたくなるし、
夏枯れで汚くなった草木は、
違う大きめのの鉢にみんな寄せ植えにしちゃったり、
「あらあら、それはそんな所へ植えないで・・・」とかいうのを尻目に
「これでいいのだ~~~」と強引にまとめて片づけちゃいました。\(^o^)/

子供の時から、山の近くでいろんな草がすぐ生えちゃうし
いのししとか鹿とかも平気で遊びにくるし・・・
実家に戻ると、気分は開拓者?今風に考えるとアウトドア気分。
さすがに足腰が弱ってくると、アウトドアなお仕事は結構きつかったです。
先日も長男の母校の合宿所の草抜き奉仕活動に出て・・・
確かに足腰はボロボロになったけど、
何だかいろんなことでモヤモヤしていた気持ちはスカッとしました。
しんどいけれど、体を動かすこと自体はとても大切な気がしました。

結局夜はうだうだ世間話をして2泊。
もう明日は連休明けという23日に帰路につきました。
今年は連休という連休はどこも旅行は行けないし
旅行がてらに、高速じゃなしに国道2号線を車でとことこ帰って来ました。
この辺を走るのは、もう25年ぶりぐらいです。
e0028056_12414949.jpg

姫路でちょこっと買い物をして、大手前通りを抜けて
国宝姫路城に「お久しぶり~」と挨拶をして、2号線へ出て、
トコトコと御着を抜け、1級河川加古川へ。
ニッケーのレトロな煉瓦づくりの工場を横目に見ながら
東へ東へ走る走る走る。海のにおいが思いっきり広がって
左手に明石駅や明石城、右手に魚の棚を見ながら、
少し海寄りの道に降りると、遠くに明石海峡大橋が見え
e0028056_12482725.jpg

明るく近代的な大蔵海岸ビーチが明石海峡大橋を借景に広がっている。
この辺から舞子、垂水、塩屋にかけては
何度来ても飽きない大好きな風景が続いている。
[PR]
by budda88 | 2009-09-25 12:57 | 生きるということ | Trackback(1) | Comments(0)

ただ走っている道だけど・・・走っていると
病気の事や人生のこといろんな事を考える。
e0028056_14253925.jpg

道にもいろんな道がある、高速道路、幹線道路、路地、
e0028056_1426093.jpg

都会の道、田舎の道、住宅街の道、工業地帯の道
e0028056_14262511.jpg

海の道、山の道、森林の道、野っ原の道・・・
e0028056_14264624.jpg

朝の道、昼の道、夕暮れ時の道、夜の道、深夜の道・・・
e0028056_1427976.jpg

必ずどこかにつながっている、とは限らない、
行き止まり、袋小路・・・・・・・・・・・
e0028056_14275554.jpg

寂しい道、混雑した道・・・・・・・・ビルの谷間の道、人家ひとつない道・・・・・
e0028056_14284088.jpg

人間の毎日にはいろんな道がある。今見ている道、一度も見た事がない道、
e0028056_1429378.jpg

自分が生まれる前からいろんな道が無数にあり、
自分が消滅しても、新しい道が生まれていく。

いろんな道を走っていると、
いろんな人の人生と瞬時にすれ違う

確かな足取りで歩いていろんな人とかかわっていく時とはまた違う
不思議な感覚・・・・・・

ちっぽけで、平凡で、ささやかな悩みを抱えて・・・

マクロな視点で見ると、自分の存在は
哀しいくらい小さい。
それでも生きている。今この時、この瞬間。
[PR]
by budda88 | 2009-09-20 14:58 | 暮らしのつれづれ | Trackback(1) | Comments(0)

今年は直前の直前まで行こうかどうか迷っていましたが
頑張って参加してきました。

【1日目】
今年のRFLで特に印象深かったのは
「卵巣がん体験者の会スマイリー」の片木さんが進行して下さった
RFL開会前のプレ講演会でした。
最初に「ドラッグ・ラグとは何か?」という説明があり
先進国であると私たちが信じている日本のがん医療が
どれだけ立ち遅れていて、世界で当たり前のように使われている薬が
日本ではなかなか承認されない・・・発展途上国並みの立ち遅れがあることを
とても分かりやすいスライドでその実態を知ることが出来ました。
また患者会の活動の中で、「ジムザールという薬を
肺がんには使えるのに自分は使えない!効く薬があるのに使えないなんて
私は生きたい!」と必死に訴え亡くなられた会員さんの話には
胸がキリキリと痛みました。
e0028056_23513378.jpg

その後、卵巣がんで闘病中の川上綾子さんとその母である由美子さんが
片木さんに質問に答えるような形で、
ドラッグラグについての思いを語って下さいました。
―21歳の時に卵巣がんになり左卵巣を摘出し辛い抗がん治療の後
再び大学に復学しぶじ卒業されたのに、卒業直後に再発・・・
卵巣と子宮の全摘出手術。手術後、始まった抗がん剤治療では、
吐き気・微熱・感覚まひ・脱毛などの激しい副作用に襲われたそうです。
まだ本当に若くて可愛らしい綾子さんの体験談は
その明るい笑顔からは想像もつかないような厳しいもので
とても痛々しくて、信じられない思いでした。
効くと分かっているのに使えない薬がいっぱいある日本・・・
「ドキシル」もそのひとつ。
でも卵巣がん患者会スマイリーの皆さんや
日本TVの特集を見た多くの方からの協力で
2か月半で15万以上の署名が集まり、今年の春承認されたそうです。

◆ドラッグ・ラグ(TVで放映されたドキュメンタリー)

最後は乳がんと闘う女医さん小倉恒子先生の講演会を聞きました。
小倉先生は、とてもサパサパした独特の口調で、
ご自分の乳がんとの闘いや転移との闘い
子育てやお仕事の話、治療に使った抗がん剤の話や
それにまつわるエピソードなどを話して下さいました。
何度も転移を経験され、いろんな治療やお薬を試されてきた先生のお話は
実体験もとづく貴重な体験がいっぱいで、とても参考になりました。
時には辛辣だったり、ユーモラスだったり、
でも笑ってられない深刻な問題だったり・・・
また医師とのかかわり方のヒントになるようなエピソードもためになりました。

e0028056_0431491.gif

今日はすまっぺさんやサスケさん、KAWAさんと会場に着いた時から
曇り空・・・絵本や看板やかごを持って行ったものの、
昨年のような絵本テントという感じではありませんでした。
天気が悪いということもあって
竹内さんが送って下さった本はしじみさんたちが交流テントで
ビニールのカバーをかけて保護して下さっていました。
取りあえずいろんな方との再会のご挨拶をしたり
受付をすまして、サバイバーズフラッグに手型を押してコメントを書き込んだり
ルミナリエに、お星様になった父や兄
ネットやあけぼのの仲間に追悼コメントを書き込んだり・・・その間に
曇りからぽつぽつ雨模様になり、
講演会が始まる頃には、外はすごい土砂降り・・・・・・・・・。

講演会後少しして、土砂降りの中をウォークがスタート
e0028056_1974430.jpg


傘をさして、サバイバーウォークを一周しただけで、
髪も服も、靴もカバンもべしゃべしゃのドロドロ・・・・・・
初めてのレインウォークでした。
半そで姿だった私には肌寒いくらい・・・
KAWAさんが長袖のかっぱを貸して下さったので助かりました。
e0028056_039440.jpg

福岡からはるちさんたちも駆けつけ
テントは再会を喜ぶ声がかわされ、座る場所もないくらいのにぎわいぶりでした。
e0028056_1983237.jpg

そのあとすまっぺさんやサスケさん、KAWAさん、瞳さんと屋台の方に
晩ごはんを食べに行き、会議室であれこれ話しながら食べていると
いろんな患者会の人と会いました。

ステージで綺麗なスライドと
恒例になったエンプティ・テーブルの朗読があり感動しました。
心から澄み切った気持ちになり黙とうしました。
雨も次第にやみ、ナイトランが始まりました。

片づけをして、竹内さんが送って来て下さった絵本とかを
お泊りの方に託して会場をあとにしました。
駅までみんなを送っていき帰路につきました。

【2日目】
 一夜明けると、昨日の悪天候がウソのような爽やかな秋晴れ!
お洗濯を干したり家の用事を済ませて、8時過ぎに会場につきました。
鳴海さんたちが子供集めに行ってくれましたが
絵本を聞く子供たちはなかなか集まりませんでした。
ウォークに子供みこしで出場する子供さんとかはたくさん集まって来ました。
でも、みんな出場で忙しそうでした。
e0028056_3123096.jpg

昨日の雨から一転して快晴になり、ウォーカーの足取りも軽く
子供みこしやはばたんや、名古屋や福岡から駆けつけ
着ぐるみや飾り付けを手にした参加者の行進は
秋祭りのように、にぎやかになりました。
e0028056_19223998.jpg

結局、絵本読み聞かせはなかなか出来ませんでした。
絵本とうさこちゃんたちはちょっと寂しそうでしたが
昨年の交流テントでの竹内さんお話を思い出し
おとなりのテントで自作の素敵な歌と演奏で
ランナーや参加者を応援されていた
演奏グループの人たちにお願いして
e0028056_19144280.jpg

コラボで、ただひとつだけ「でんでんむしのかなしみ」を朗読しました。

即興のギター演奏に合わせて語っていき
「でんでんむしはもうなげくのはやめたのであります。
そして明日に向かってどんどん歩き始めました。
どんどんどんどん、みなさんも一緒に歩いて行きましょう~」と
たすきをつないでいる方たちへ
最後はたどたどしいコメントを少し足し、
素敵なギター演奏がしめくくってくれました。
本当に急な思いつきで、
緊張して拙い読み聞かせでしたけれど・・・
ささやかにひとつだけのメッセージでした。
e0028056_199153.jpg


鳴海さんも「いのちのいろえんぴつ」も読んでみたいなと言われて
やっぱりもう一度子供集めをしようと思いましたが
もうラストウォークが近づき、たくさんの参加者たちがトラックに
集合し始めました。
e0028056_3131861.jpg

鳴海さんはチームリーダーなので
他のMOMOのメンバーと最後の一周を歩くことになりました。
最後のフィナーレでは、名古屋や福岡から来られた方たちと
e0028056_19231692.jpg

いろんな事を話しながらゴールして
みんなで「てのひらを太陽に」大合唱しました。
読み聞かせはあまりちゃんと出来ず残念でしたが
鳴海さんがMOMOさんを思って引き受けられたことを
少しは手伝えたかしら・・・?そんなことを思いながら
「みんな、みんな、生きているんだ友達なんだ」
とみんなで心をひとつにして、うたを締めくくりました。
今度は「いのちのいろえんぴつ」の読み聞かせも実現できるといいね~

今年は忙しかったり体調が悪かったり
直前まで参加するのもどうしようか迷いましたが
やっぱり来れて良かった。
来ると、みんなと「また来年もお会いしましょう」と
気持ちが一つになるので不思議です。
2009年も元気に参加でき、神様に感謝!

☆2008年RFL芦屋
☆2007年RFL芦屋
[PR]
by budda88 | 2009-09-14 00:22 | breast cancer | Trackback | Comments(10)

RFL芦屋2009 

今日はRFL芦屋当日、前日まで出れるかどうか分からなかったので
鳴海さんやすまっぺさんや、KAWAさんにさそっていただいたけど
今年はスタッフやボランティアも出れなかったし
チーム参加もできなかったのですが
何とか、当日参加だけは出来そうです。
ピンクリボンエンジェルスもチーム参加できなかったので
昨年ピンクのエンジェルで弾けていたKAWAさんも
今年はチームMOMOさんの一員です。
今年は絵本テントのKaorikoさんも都合で参加できないので
絵本の読み聞かせはMOMOさんチームが引き受け
私はそのMOMOさんたちの読み聞かせをちょこっとお手伝いしてきます。
e0028056_7432282.jpg

もう当日ですが、本日9月12日17時~ルミナリエとキャンドルランがあります。
今日はちょっとお天気が曇り空ですが、雨天決行なので
がんサバイバーの方や、
がんでご家族を亡くされた方はぜひのぞいてみて下さいね~
ルミナリエに先駆けて14時から講演会があるそうです。
美味しいものがいっぱい集まった屋台や参加者交流会もあります。

会場:芦屋市総合運動公園(芦屋市陽光町)
JR芦屋駅・阪急芦屋駅・阪神芦屋駅から随時シャトルバスが出ているそうです。
[PR]
by budda88 | 2009-09-12 07:46 | breast cancer | Trackback | Comments(0)