Day by day 心にきざむ風景


人生いろんなことがあるけれど、今を大切に自分なりに生き抜こう
by のんのん
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

QOL “輪唱”兵庫講演会

第19回QOL“輪唱”兵庫講演会「乳がん医療と日常生活を考える」が
10月28日(日) 神戸国際会議場で開催されました。
e0028056_7205619.jpg


今回は前日から高野山で患者会のワット会長のご講演があるので
代表をはじめ何人かがそちらの方に泊りで行かれており
いつもより患者会からの参加者は少なかったのですが
それでも20数人が参加されており、一緒にランチとかして交流できました。
(高野山・・・一度行ってみたかったですが、
 家の都合で行けませんでした・・・残念!)
 
また「乳房再建の現状と新たな展開―乳がんを美しく治す」というテーマで
横浜市立大学附属市民総合医療センターの佐武利彦先生の特別講演があり
切実なテーマなので、多くの乳がん患者の方が参加していました。

今回の体験談は最近乳がんになられた30~40代の患者さんのお話で
乳がんになったショックは変わらず一緒ですが
治療法やお薬も進化し、
闘病中や病後の生き方や病気との共存方法も
段々多様化してきて
思わず涙をさそうような一途な患者さんや、
しっかりしてるなぁぁ、強いなぁぁと感心する患者さん
お笑い芸人も顔負けしそうなトーク炸裂という患者さんもいて
泣いたり笑ったりしながら、
参加者にとっては一番参考になるコーナーでした。

トピックスとしてアーバンクリニックの奥野先生が
「乳がんとホルモン療法について」
橋本クリニックの橋本先生が
「化学療法と抗体療法、1+1は3になる?」
茶屋町ブレストクリニックの脇田先生が
「骨転移に対する新しい薬について」をお話しされました
新薬のフェセロデックスやランマークのことが
詳しく聞けたのでお勉強になりました。

あと「リンパ浮腫―こんな症状があればご相談を」で
神鋼病院の看護師中村さんが
沢山の症例写真で説明され、浮腫で悩む方には
すごく参考になったと思います。

佐武先生の乳房再建についての特別講演は
腹直筋皮弁 、浅下腹壁動脈皮弁
深下腹壁動脈穿通枝皮弁
広背筋皮弁、 臀部からの組織移植
様々な自己組織を使った再建法が
詳しい写真、再建した乳房と組織を採取した部分の術後の写真を
スライドによりたくさんの症例が見れたので
どんな風になるかがよく分かり、何だか安心しました。
ただ手術の写真などがありちょっとショッキングでしたが
始めにお断りがあったので、刺激に弱い人は見ないようにできました。

またエキスパンダーやシリコンなどを使って行う
人口乳房再建、インプラント法について

それから興味深かったのはインプラント+ブラバによる脂肪注入です。
ブラバというのは全く新しい術式で、
エキスパンダーを体内に入れ膨らませるのではなく
吸引機を胸に装着して皮膚を外から伸ばす。
伸びた所に脂肪注入。
まだ日本人用の吸引機がなく合わないそうですし。
海外ではよく行われるようになっているそうですが
日本ではまだこのブラバを個人輸入しないといけないようで
15~16万ぐらいするそうです。うひゃぁぁ~ 再建費+これは痛い!
将来的には身体への負担も少なく乳房再建の主流となるのではと
期待されている術式だそうです。
ちなみに11月17日(土)13:40~16:30にも
名古屋国際会議場 1号館 3階会議室で
佐武先生の「乳房再建講演会」が開催されるそうです。
完全予約制だそうなので 興味のある方は
sogsaiken@yahoo.co.jpへ

★SOGのHP にも詳細が掲載


乳房再建率は乳がん患者全員を100%として
日本は8%、韓国は13%、米国は33%だそうで
日本は再建後進国と言われているそうですが・・・・・・・・
やはり痛そう・・・大変そう・・・というのが
ヘナチョコ乳がん患者の私の感想でした。(^-^;;)
やっぱりiPS細胞で乳房が楽に再生できたらいいのになぁぁぁ

喪失への代償は大きい・・・皆さん早期健診!早期治療で
乳房を大切に!!!
[PR]
by budda88 | 2012-10-30 06:15 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

神戸ピンクリボンフェスティバル2012

◎ピンクリボンシンポジウム2012

e0028056_11354017.jpg

10月20日は神戸新聞松方ホールで
ピンクリボンシンポジウム2012が開催されました。
JR神戸駅南すぐという交通の便の良さからか
会場はほぼ満席でした。

今回は主治医が基調講演でお話をされるので
ブース番を交代してもらい、しっかり聞いてきました。
(最近は会場内は撮影禁止なので、チラシのみ。)
主治医のお話は『聞いて得する乳がん検診のお話』というテーマ。
輪唱などの乳がん患者の会ではほとんどが患者さんなのですが
今回は「乳がんについて知りたい」という方や
乳がん患者のお知り合いの方、
看護学生さんなども多く来られていたようです。
主治医のお話はそういう方にも分かり易く、
乳がんの症状や種類、自己検診の方法
「もしや?!」と思った時の対処法、
乳がんになってしまった時の最新の初期治療について、
それから最近始まった働く女性のための休日健診の情報
微小石灰化など分かりにくい症状にも有効な検査法
マンモトーム生検などについてもお話され
乳がん初心者にはとても役にたつ内容でした。

もう一つの基調講演は京都大学の佐治先生の
『進化する乳がんの新しい治療薬について勉強しましょう』というお話でした。
新しく登場するお薬の最新情報とその効き目のメカニズム
臨床検査の推移や今後の展望など、
より専門的なお話で、治療中の方や再発などで
より新しい情報を知りたい方には興味深い内容でした。

◎スマイルウォーク2012
e0028056_11363413.jpg

シンポジウムの翌日、10月21日はスマイルウォーク2012でした。
前日がシンポジウムで、当日も早朝からマンションの洗管清掃のために
水回りの掃除をしていて(2年に一度の清掃がなぜかこの日だった(T_T)
へとへとだった私は、5キロコースかお留守番組にしよう!と
思っていたのですが、いざ会場に行って
10キロ組と盛り上がって話していると、つい
10キロの方にチャレンジすることになっていました・・・
だ・・大丈夫かな?(〃∇〃)~☆
10キロチャレンジは2回目、前回は3名だったのが
今回は6名になっていました。いざスタート!

いつもの北野町で六甲山牧場のソフトクリームを食べ
e0028056_11371773.jpg

NHK神戸支局の交差点を5キロコースと分かれ
5キロは東に、私たちは西に。大倉山、湊川神社、ハーバーランドへと。
呑気そうに書いてますが、ちょっと重い脚を引きずりながら
みんなそれぞれの想いを胸に一歩一歩、歩きました。
今回も、アフラックや大鵬薬品、千趣会、薬品会社など
いろんなスポンサーからのお土産がありました。
e0028056_11375159.jpg

e0028056_11373964.jpg

ピンクリボンバッグとミニラボのマスコットが可愛いぃ~♪
早速ウォークにも持って歩きました。
予防医学協会のうちわもとても重宝しました。


さすがにメリケン波止場から大丸への道
東遊園地に続く最後のルートでは
足は痛いし、お腹は空くし、ギブアップしそうでしたが
何とかゴールイン!やった!完歩!感激!
みなさん!お疲れさま~~~



お留守番組や5キロ組合わせて15人が待っていてくれて
チョコレートやおにぎりでお出迎えしてくれて嬉しかったです。
今年初めて参加された方も5キロを完歩され、
とても素敵な笑顔で待っていてくれました。みんな本当にお疲れさまでした053.gif

チョコやおにぎりを食べ、お茶を飲んでひとやすみしました。
e0028056_11391689.jpg



ゴールした時に朝日新聞の方から取材を受け、翌日の朝刊に載っていました。
字数の関係か・・・一番伝えたかったことが省略されていて少し悲しかったですが
みんな良い記念になったと喜んでくださったので・・・良かったです
広島県福山市からこのイベントのために来て下さったグループもいて
今年で2回目のご参加だそうで、頭に会員さんの人数分のピンクリボンをつけて
みんなのために歩かれたそうです。みんな素晴らしい笑顔^^

016.gif016.gif016.gif
で、おまけですが・・・ゆるきゃら好きの私、スタート前のモモちゃんや
ハーバーランドのコーベアと写真を撮ってもらって^^ご機嫌でした。
e0028056_11382787.jpg

e0028056_11385972.jpg

いくつかのグループに分かれて散会後はどうしようとあちこちウロウロ
メンバーのMさんに「金魚すさび」という
珍しい沖縄料理のお店に案内してもらいました。
雑誌にもよく掲載されているお店だそうです。
e0028056_11395664.jpg

沖縄料理は初めて!みんなでランチ定食を食べました。
珍しい海ブドウはシークワ―サーポン酢によく合ってさっぱり味。
ゴーヤチャンプルも苦くなくて美味しかったです。
e0028056_1140745.jpg

いろいろ不調はあってもこんな風に
今年もピンクリボンに参加出来て良かった053.gif

こういうイベントに参加していつも気になることは
今まさに治療中で食べれなかったり、副作用で歩けない人がいるのに
そんなに浮かれていていいのか?と責められているように感じることです。
亡くなられて、こんなひとときを楽しめなくなった人の事を思ったら
そんなにはしゃいでいいのか?と責められているように感じることです。
そんな浮かれたことを乳がん患者のブログに書いていいのか?と
中傷されないかびくびくしてしまうことです。

・・・個人差はありますが・・・
私も髪の毛も全部抜けてしまい、
ひどい吐き気で食べれなかった時もあります。
私は全摘だし再建もしていないので片胸はありません。
辛い闇を越えて・・・あるいは辛い症状と共存しながら
今、こうしているんです。

若くして亡くなった仲間の事を思うと胸が痛みます。
でも彼女が生きて私たちと共に活動していた時
やはりこうしておもいっきりチャレンジしたり、
一緒に他の乳がん患者の方たちのために活動していました。
いっぱいおしゃべりしたり、美味しいものを食べたりして
少しだけだけど一緒に良い思い出が出来ました。

福山アンダンテの人たちのピンクのTシャツには
「笑顔で前進!!」と書いてあり素晴らしいな!と感動しました。
今も私たちはいろんな方々の思い出を胸に前に向かって歩いています。
それぞれがどこまで元気に歩んでいけるか分かりませんが
いま、この時を大切に自分たちなりの
毎日を積み重ねていきたいと思います。
[PR]
by budda88 | 2012-10-24 06:24 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

時のポートレイト ノスタルジックな存在になりかけた時間

大会の翌日東京の恵比寿にある東京都写真美術館に
関東の友達と待ち合わせて
「操上和美―時のポートレイト」
・・・ノスタルジックな存在になりかけた時間・・・・
という写真展を見に行きました。
e0028056_10131151.jpg

操上和美氏は私たちが若い頃から
雑誌やコマーシャルフォト
ファッション写真などで活躍されてきた
篠山紀信氏、荒木経惟氏とも並ぶ写真界の鬼才であり重鎮です。
誰もが一度は見たことのあるような写真をたくさん撮られていますが
今回は数年前からトイカメラやポラロイドカメラなどを使い
お仕事とは別に、作品として撮って来られた
独特の風合いと不思議な感触の日常的なスナップショットのシリーズ
「陽と骨」「NORTHERN」等のライフワーク数万点から
特に選ばれた作品が展示された写真展でした。
すべてゼラチン・シルバー・プリント(銀塩写真)でプリントされています。
ゼラチンシルバープリントとは、
19世紀末に発明され、今日でも普通に使われている白黒写真の印画紙の総称。
ゼラチンに臭化銀などの光に感じる物質を混ぜ、紙に塗って乾かしますが、
普通は工場で製造されています。この印画紙は
とても光に感じやすいので、暗室で感光させたあと現像液に入れて現像します。
この印画紙の出現によって小さいネガからの引き伸ばしが簡単になったそうです。

e0028056_10464643.jpg

広くパーテーションのない展示室には真ん中に鮮やかな青い柱。
そして印象的な「D’ont Shoot My right heart.」
「海を見る」「明日を見る家族」の大きな3枚の作品が目を引きます。

この後のトークショーで分かることですが・・・・・・・
この美しい特徴的なブルーは、現代アート作家の大御所、
イヴ・クラインが生み出した「イブ・クラインブルー」でした。
操上氏はこの展覧会の為にモノトーンの会場の
この柱だけを深いこだわりと敬意を持ってこのイブクラインブルーに
塗り変えてもらったそうです。
イヴ・クラインは、「青」という色を、宇宙の神秘的なエネルギーに通じる
最も非物質的で抽象的な色だと考え、この色を考案したそうです。
普段は闇のように深い青色ですが、少し光が当たると鮮やかな青に輝きます。
(今回の操上さんの作品の中にも一見暗い闇のように見える画面の中に
すごい存在感を持った表情や情景が目を凝らすと見えてくるような
そんな作品が数点あり、しばし目が釘付け・・・感銘を受けました。)

またその柱のすぐ横には、操上氏が大きな影響を受けた
50年代アメリカのビートジェネレーションを代表する
小説家ウィリアム・バロウズのパネルが置かれています。
操上さんは20年ほど前に雑誌「SWITCH」の表紙で
このバロウズの写真を撮られています。
「時間なんて人間がでっちあげたものだ」というのは
ジャンキーな作家バロウズの言葉だそうですが・・・・・・・・・・・

後のトークの中で
過ぎ去り失われていく時間も、
写真に撮り作品として残る一瞬のシーンは
その写真を見るたび生き続け、
作品そのものの中で新しい時を刻み始めるような気するというような
お話をされていたのが印象的でした。
その想いに対してこのパネルのバロウズが
「時間なんて人間がでっちあげたものだ」
とボソッとつぶやきかけているように思えました。

ちなみにこの日は操上和美氏と
エッセイストで今は写真家としても活躍する椎名誠氏のトークがあり
朝、都内の友達と開館前から並んで
やっと入場整理券をゲット!
そのあと都外からくる友人と待ち合わせて
3人でランチをとってから写真展を見てトークを聞きました。
こんな近くで操上氏や椎名氏が見れただけで感激。
会場にはかつて業界誌とかでしか見たことのないような方が
来られていたような気がしたのは幻想でしょうか?
どきどきして直視も出来なかったのですが・・・
まさか浅葉克己さんや一倉さん・・・・・・・ありえないですよね?
いや・・・ありえなくないのでしょうか?操上さんですものね・・・・・
だって展覧会会場を出る時、ご本人とすれ違ったんですよ!
小柄だけどすごいダンディで存在感とオーラを出されているので
思わず振り向いてクラクラ~。
奥さんやスタッフの方もご一緒でした。

椎名さんもエッセーや小説は読ませていただいていましたが
お目にかかるのは初めて。
年を重ねられてはいますが、少年のように爽やかで
トークも面白かった❤
途中少し専門的な話も多かったので(ほとんど写真・・・しかもカメラの話)
友達はちょっとウトウトしていましたが
私は超ハッピーでした~♪(と言っても専門的なことはあまり分かりませんが・・・)

e0028056_10344915.jpg

しっかり写真集とインタビュー誌もゲットできました。

そのあとみんなで宮越屋珈琲でしゃべり倒して
夕闇せまる恵比寿をあとにし、品川まで出て新幹線で帰りました。
e0028056_10551346.jpg

e0028056_1054596.jpg

[PR]
by budda88 | 2012-10-16 07:43 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(2)

秋の大会2012

10月13日 東京有楽町マリオンで毎年恒例の
乳がん患者会全国大会が行われました。
昨年行かせていただき、今年は遠慮させて頂こうかな・・・
と思っていましたが、いつも参加されている方々が子供さんの出産や
ご家族の介護、ご自身の不調などで参加出来ないので
昨年と連続で参加させていただくことになりました。
e0028056_7514941.jpg

今年は日韓親善乳がん患者シンポジウムということで
1年ぶりの会場には全国から多数の会員さんが集まり
特に今年は韓国からもたくさんのお客さんが来られていたので
インターナショナルな熱気に包まれていました。

またこれらの多くの啓発活動や交流活動の功績を称えられ
対がん協会から功労団体賞を授与されたそうです。
e0028056_7522611.jpg

10月1日のピンクリボンライトアップには、
今年からスカイ・ツリーも加わりました。
e0028056_7534260.jpg

今年のドクター・オブ・ザ・イアーは乳房再建などで
乳がん女性のQOLの向上に貢献されてきた岩平佳子先生でした。
メディアなどでも時々お目にかかる有名な先生ですが、
とても気さくで飾り気のない好感のもてる素敵な先生でした。
土日も診察や手術があるということで
丁重な挨拶後退出されました。
e0028056_7535717.jpg


がんやパーキンソン病などで闘病されている永六輔さんも
病をおして例年通り楽しいトークで参加してくださいました。
相変わらずの軽妙な語りは本当に楽しくて可笑しくてなんですが
あまりにも現実の闘病が過酷なので・・・
笑っているのに涙が止まらなくなって・・・
杖をつかれているのにフワフワと仙人のような
足取りは卓越してすごいです!
永さん、どうか病に負けずこれからも
奇蹟の永さんでいてくださいね❤
e0028056_7542797.jpg


そして今年から創設された「富樫美佐子賞」は
再発後も乳がん患者の為に頑張って
活動されている方に授与されます。
大きな富樫さんの写真が出た時には
ちょっとジーンとしてしまいました。
e0028056_7545412.jpg

第1回の受賞者は、埼玉の境さん、
愛媛の陶山さん、福岡の山下さんです。
陶山さんは兵庫の顧問医の先生が
主催される会で講演をして下さり
兵庫の会報誌にも素晴らしいお話を
掲載させていただいたので
とても嬉しかったです。


e0028056_7551484.jpg
※兵庫での陶山さんのご講演
[PR]
by budda88 | 2012-10-16 06:47 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

東京駅舎復元

10月13日患者会の全国大会があるので約10か月ぶりに東京へ。
今回は10月1日にグランドオープンした
東京駅丸の内駅舎保存復元を見るために
少し早目に6時に家を出て東京へ向かいました。
e0028056_7204266.jpg
e0028056_7205549.jpg
e0028056_7211071.jpg

明治41年(1908年)3月に着工し大正3年(1914年)12月に開業した
日本の玄関口東京駅・・・今回創建当時の姿に復元されました。
「坂の上の雲」の時代を彷彿とさせるような佇まい。
創建当時の化粧レンガや柱頭飾りとピラスター、
天然スレートの屋根や銅板装飾したパラペット
内装ドームのレリーフなどは当時の記録に忠実に復元されたそうです。
e0028056_72127100.jpg

で、記念に まめや萬久の駅舎復元記念のお豆を買ってしまいました❤
e0028056_7214251.jpg



※で、下の映像はこの復元オープンを記念して
先月22日に駅舎に3Dで映し出されたレーザーショーの様子です。
実際見るとより迫力で素晴らしい映像だっただろうなぁぁ~❤

[PR]
by budda88 | 2012-10-16 05:59 | 出来事・ニュース | Trackback | Comments(0)

久しぶりの実家

久しぶりに実家まで足を伸ばした。
お彼岸は忙しくて行けなかったので、
お墓参りもしてきました。
神戸よりずっと西の北の方の山あいの街なので
少し気温も低く澄み切った空気と
吹き渡るススキの原の風が気持ち良かった❤
e0028056_1647139.jpg

父と兄が亡くなったので、出来るだけ行ってあげたいと思うけど
なかなか忙しくて行けないので申し訳ない。
幸い、近くに義姉や姪がいてくれるのでつい甘えている。
でも電話より、やっぱり変わらない笑顔を見るとホッとする。

山のすぐ側なので野草も伸び放題だけど
ガーデニングするのが母の愉しみで
とりわけ目を引いたのはこのメドウセージ
鮮やかな青紫がとても綺麗。
セージは好きなハーブのようで、
小さな白と赤い花のチェリーセージ、
ビロードのようなワイン色の花が美しいアメジストセージなど
いろんな種類のものが植わっています。
e0028056_16475857.jpg

e0028056_1648933.jpg

お墓の近くの土手は彼岸花が満開で燃えるように紅色でした。
お墓の帰り道にある民芸調のお店で遅いお昼を食べました。
もう2時なのに、結構混み合っていて
先日放送されたサスペンスドラマのロケが
この店でもあったようで、出演者のサインが飾ってありました。
この店はまだ独身の頃からあるので、結構老舗です。
e0028056_16484154.jpg

e0028056_16494875.jpg

実家に帰ると市の広報にロケのことが載っていました。
9月の末と10月に入ってから放送していましたが、
ロケは7月だったようです。
そう言えば高校生ぐらいの時に映画の寅さんシリーズのロケがあって
同級生が通学する高校生役でエキストラに出たなぁぁ
学校帰りに目の前を自転車に乗った腹巻に例の帽子をかぶった寅さんが
自転車で通り過ぎていきビックリした事もあったし・・・Σ(,,゜∀゜,,;)
小さい田舎町なのにたまにあるんですよね~♪

で、私と母はその後お土産に持って行ったケーキに紅茶で
いっぱいおしゃべりをして
晩ご飯は、家にある食材で
ふたりでワイワイ料理して食べました。
短い時間だったけど、久しぶりの親子水入らずでした。
[PR]
by budda88 | 2012-10-08 16:52 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

バーン・ジョーンズ展

先々週は仕事がお休みだったので
定期健診の夫を病院に送って行ったあと
検査が終わるまで駆け足で
「バーン・ジョーンズ展」を見てきました。
e0028056_774490.jpg

e0028056_72285.jpg

≪眠り姫≫―連作「いばら姫」 1872-1874年頃 油彩・キャンヴァス 
ダブリン市立ヒュー・レイン美術館(ダブリン)
ⓒDublin City Gallery The Hugh Lane,Dublin

夏の東京からスタートして全国3ヵ所を巡回する
日本初の展覧会で、この兵庫県立近代美術館が2ヵ所目。
 
ギリシャ神話や中世文学などに影響を受け、
その主題を忠実に描き出してきたバーン=ジョーンズ。
会場は12のカテゴリーに分類され、
物語や歴史的事実ごとに作品が紹介されていました。

e0028056_74622.jpg

学友であり詩人、デザイナーのウィリアム・モリスとともに
装飾デザイナーとしての才も発揮したバーン=ジョーンズが
モリスと一緒にプロデュースした
聖書の一場面を巨大なタペストリーにした作品などは
色彩も美しく圧巻の迫力!
織物とは思えない美しさで、絵画としても素晴らしかったです。
ウィリアム・モリスとは書物の装丁や挿絵の仕事も
一緒に長く続けておりそれらも多く出展されていました。

またギリシャ彫刻にも感化され、
傑作のひとつである「運命の車輪」に描かれた3人の人物は
ミケランジェロの彫刻をほうふつします。
この3人は上から奴隷、王、詩人を示し、
どのような身分や地位にあろうと生老病死の運命から
逃れることはできないことを表しているそう。
左の女性が運命の力そのものだそうです。

ちょっと重いけど印象深い作品でした。
e0028056_754038.jpg

≪運命の車輪≫ 1871-1885年 油彩・キャンヴァス 
ナショナル・ギャラリー・オヴ・ヴィクトリア(メルボルン)
ⓒNational Galley of Victoria, Melbourne


でも一番印象深かったのは、ジュール・ペロー童話やグリム童話として
有名な「眠れる森の美女(いばら姫)」。
眠りについた姫君と侍女の姿が何とも繊細で美しく
e0028056_765493.jpg

同じモチーフで連作、小連作が多く展示されていました。
この作品の為に繰り返し重ねられた
鉛筆画のアイデアスケッチや習作、
小さいサイズで場面割を仕上げて
彩色図にまとめたカンプのようなものなど興味深い出展も多かった。
この絵が一番お気に入りでポストカードもゲット❤

e0028056_7102339.jpg

しかし気持ちいいほどの秋晴れでしたwww 
[PR]
by budda88 | 2012-10-07 07:10 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

10月ピンクリボンフェスティバル2012開幕!

台風一過の10月1日、
今年もピンクリボンフェスティバルが開幕しました。
e0028056_528239.jpg

三宮センター街でゆるキャラのわたるくんやモービィくんも登場し
私たちの他にもいくつかのボランティア団体が参加し
街頭キャンペーンが行われました。
月曜なのに結構人出が多く、スルーの若者も多かったですが
足を止めて話を聞いて下さる方もいらして嬉しかったです。
ちょうど今日放射線治療を終えて偶然通りかかった方がいらして
その方も全摘だったのでパッドのことや
抗がん治療の脱毛のことや話している内に
いろいろ思い出すとウルウル来ちゃって
「お互いに頑張りましょうね!」と励まし合って別れました。
そういえばなかなか毛が生えそろわなくて
美容院にも行けなくて辛かったなぁぁ・・・・(T_T)あの頃
今もこうして生きていること
髪の毛が伸びてきたことを本当に神様に感謝しなきゃ・・・・・・

最初の頃はみんなでライトアップを見に行ったりしましたが
今年は街頭キャンペーンも6回目の参加・・・
キャンペーン後はみんなでお茶して少しおしゃべりをして解散しました。

(●^o^●)というわけでライトアップは家でWeb Newsでゆっくり見ました。

神戸新聞:Web News

初期の頃はショッキングピンクが鮮やかなライトアップでしたが
ここ1~2年はソフトなピンクのグラデーションに変わっています。

※初期の頃のライトアップ
★2007年
★2008年
★2009年

今年は東京のスカイツリーもライトアップされたようです。
スカイツリーのピンクリボンライトアップ、見てみたいですねwww

今後のフェスティバルの予定は・・・・・・
◎ピンクリボンシンポジウム

日時:2012年10月20日(土) 13:00~16:30 (開場12:00)
会場
神戸新聞 松方ホール(兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7
神戸情報文化ビル4階)

【プログラム】
13:00~13:10 開会挨拶
13:10~13:50 基調講演Ⅰ
『聞いて得する乳がん検診のお話』(40分)
 講師:一般財団法人甲南会甲南病院副院長 宮下 勝 先生
13:50~14:30 基調講演Ⅱ
『進化する乳がんの新しい治療薬について勉強しましょう』(40分)
 講師:京都大学大学院医学研究科標的治療腫瘍学講座特定准教授
 佐治 重衡 先生
14:30~14:50  休憩(20分)
14:50~15:20 ゲスト講演
『大丈夫だよ、がんばろう!』(30分)
 講師:山田 邦子さん(タレント)
15:20~15:30 休憩(10分)
15:30~16:25 Q&A(55分)

参加者からの質問へのQ&A
 回答者:宮下 勝 先生、佐治 重衡 先生、山田 邦子さん、
     成松 恵さん
     (兵庫県立加古川医療センター看護部 がん看護専門看護師)
 進行:来栖 史江さん (フリーアナウンサー)
16:20~16:30 閉会挨拶
総合司会:来栖 史江さん

申し込み方法
招待状送付先の参加者氏名(ふりがな)・性別・年齢・郵便番号・住所・電話番号
複数参加の場合は、全員の氏名(ふりがな)・性別・年齢
講師への質問  を明記の上、
下記のいずれかの方法で「ピンクリボンシンポジウム神戸会場」係まで

【はがき】〒104-0061 東京都中央区銀座4-14-4-201
「ピンクリボンシンポジウム神戸会場」係
【FAX】03-5565-4669


◎スマイルウォーク

日時:10月21日(日)※雨天決行

会場
東遊園地(神戸市役所南側)

種目
10キロ、5キロ(日本市民スポーツ連盟[JVA]公認大会)

コース(下記のコースは変更になる場合もございます)
10キロコース: 東遊園地→三宮→加納町交差点→北野坂→風見鶏の館→北野坂病院
→神戸外国倶楽部→トアロード→北野工房のまち→中山手通→相楽園→関帝廟→市立中央体育館
→湊川神社→デュオこうべ地下街→ハーバーランド→ポートタワー→メリケンパーク→メリケンロード
→ルミナリエ通り→東遊園地
5キロコース: 東遊園地→三宮→加納町交差点→北野坂→風見鶏の館→北野坂病院
→神戸外国倶楽部→トアロード→北野工房のまち→中山手通→生田神社→神戸朝日ビル
→ルミナリエ通り→東遊園地

定員
各2,000名(先着)
※申し込み状況により、ご希望のコースに参加できない場合もございます。また、定員を超えた場合、参加をお断りさせていただくこともございます。予めご了承ください。

ウオークスケジュール(予定)
ご来場時は、受付時間をお守りください

受付 出発式 スタート
10キロ 9:30 10:00 10:30
5キロ 10:30 11:00 11:30

参加費
一般1000円(当日1500円)、小・中学生500円(当日800円)、未就学児無料
※ 当日受付は、定員に達していない場合のみ
参加証
申し込みを完了された方に、参加証(はがき)を郵送。

参加記念品
トートバッグ(ピンクリボンデザイン大賞ノベルティ部門最優秀作品のデザインを使用)、
Breast Care Book(啓発パンフレット)、ピンクリボンバッジ、
大会限定オリジナルバンダナなどの記念品や協賛社からのプレゼント

申し込み方法
下記のいずれかの方法より、お申し込みください。

申し込み方法 申し込み先 申し込み人数 締め切り 手数料等
1.郵便振替 最寄りの郵便局
チラシに付いている払込取扱票をご利用ください。 お一人様ずつ。
複数名申し込み不可 9/28
(金) 所定の郵便振替の手数料をご負担ください。
2.電話申込 スポーツエントリー
0570-550-846(申込専用)
平日10:00~17:30/土日祝日除く
【問い合わせ先】
スポーツエントリー内「ピンクリボンスマイルウオーク事務局」
フリーダイヤル 0120-711-951(平日10:00~17:30/土日祝日を除く)
問い合わせのみ、申込不可
〒880-8691 宮崎中央郵便局私書箱33号スポーツエントリー


ゲスト
荻原次晴さん(スポーツキャスター)
沢松奈生子さん(元プロテニスプレイヤー)

トークゲスト
専門医:正村滋先生(医療法人医誠会医誠会病院乳腺科部長)

午後(13:00~15:00予定)からサブイベントをスタート
[PR]
by budda88 | 2012-10-02 05:35 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

最新のコメント

こんにちは<くららさん ..
by budda88 at 13:46
こんにちは、な~♪さん。..
by kanabunn1995 at 10:30
気分のリセット<kana..
by budda88 at 13:41
な~♪さん、ファイト! ..
by kanabunn1995 at 14:37
コメントありがとうござ..
by budda88 at 23:33
こんにちは。春節の話題は..
by kanabunn1995 at 13:37
ご無事で良かった<くらら..
by budda88 at 12:04
年が明けて早10日以上過..
by くらら at 01:27
音楽グッズ専門店クレフギ..
by budda88 at 07:32
こんばんは<くららさん ..
by budda88 at 22:38

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
健康・医療