蝉しぐれ

朝から、山のような蝉しぐれ

夏も盛りとなりました。
e0028056_7112156.jpg

声を限りに蝉しぐれ
何だかすごく一生懸命で
朝のすべてが蝉の声みたいで
これが人の声だと大騒ぎになるだろうな・・・・
と、つい苦笑( ̄▽ ̄;)。o0○

これが秋になると
知らぬうちに静かになるなんて
何だか不思議な気がします。
自然は不思議
自然は奇蹟
すべてのことは驚きばかり
[PR]
by budda88 | 2013-07-22 07:11 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(2)

ささやかな活動

加古川で患者会の茶話会がありました。
猛暑続きにも関わらず
新しく会員になられた術後間もない方も数人参加してくださり、
ベテランの方、術後2~3年の方、8年から10年の方と
それぞれ少人数ながら
いろいろな年代の方15名ぐらいの会となりました。

最近は以前と違い
乳がんに関しての情報も多く
本屋さんの乳がん関連書籍も増えて来て
ネットで情報を集めたり出来るようになっているので、
知識的な情報よりは、実感的な情報や
日常生活のあまり患者以外の人では
分からないようなデリケートな問題についての
質問が増えたような気がします。

やはり実際いろんな年代の人、それも長い年月を積み重ねた
サバイバーの体験談やアドバイスを聞くととても参考になります。
また反対に、新しい方から今一番新しい臨床の体験談を聞くと
自分たちの頃からでも日進月歩の治療の変遷に
驚かされたり、参考になったり・・・

あとはやはり遠慮なく話すことによって
不安が前向きな気持ちになったり
もやもやが発散されて心が軽くなったりというのは
術後10年近く経つ私たちでさえ感じることなので
新しい方がいっぱい話して
明るい表情で帰って行かれた時、
「良かったなぁ~」とホッとします。

・・・・・・・ささやかな活動ですが
よい活動だと思います。
[PR]
by budda88 | 2013-07-22 01:49 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

e0028056_0455839.jpg

久しぶりに学生時代の友人ふたりとランチをしました。
ちょっとフレンチっぽいお店で友人が予約してくれた初めて行くお店でした。
神戸に似た名前のお店があるので系列かな?と
思って行ったのですが、ちょっと違うかったようです。
リーズナブルでカジュアルな感じの気楽なお店でした。
e0028056_0462225.jpg

サラダとお魚料理に軽いお肉料理、そしてデザートと珈琲
焼き立てのパンは食べ放題になっていました。
e0028056_0464556.jpg

デザートが割に美味しくて、ベリーのゼリーの上に乗ったマンゴーのシャーベット
バナナのムースにフルーツを乗せたもの。
このバナナのムース、写真では奥に小さくあってよく分かりませんが
お味はとてもまろやかで甘すぎず美味しかったです。


でも何よりも面白かったのは
どうしたわけか、友達のひとりが持ってきた
からくり人形。
「大人の科学」という本の付録だそうですが
ちゃんと、お茶椀をお盆の上に乗せて運んでくれます。
なかなか可愛い~♪


こういうからくり人形って、博物館とかでは見たことがありますが
こんな風に手に取って遊んだことはない・・・
ちゃんとトコトコとお茶を乗せて中腰で歩いてくる様は
とても面白くて、可愛いかったのです。



(※ちなみに愛用のコンデジカメラが行方不明で、
  ガラ携で撮ったのですごく写りが悪いのが残念!
  歩き姿とかもカメラに収めたかったなぁぁ・・・
  どこへいったのかしら?私のカメラ?)
[PR]
by budda88 | 2013-07-22 00:46 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

モノクロな追想

ラジオでカバー曲の
「ジャマイカン・イン・ニューヨーク」がかかっていて、
何だか久しぶりにオリジナルが聞きたくなりました。
「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」


9月24日に10年ぶりのオリジナルアルバム
「The Last Ship」リリース予定。
いいな、欲しいなぁぁ。
これだけ年を重ねても
研ぎ澄まされた感性が伝わってくる
スティング
素敵ですよね。
e0028056_22133779.jpg

[PR]
by budda88 | 2013-07-18 22:14 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

朝の光の中で

気が遠く、意識は沈黙夢の中

遠くからの蝉の声が
意識を心の奥の奥底から引き戻し
シバシバとした瞼と、汗ばんだ首元の感触に
自分を取り戻す。

朝だ、

今日も生きていた。
e0028056_8342441.jpg

ブラインドからの朝の光が
もうあんなに明るい・・・眩しい・・・・・

体中が重くて、喉がヒリヒリする。
胸が重苦しい
深呼吸して体の覚醒を待つ
長く長く感じる朝のアイドリング
痛く感じる指の関節を
指先から曲げ伸ばししていくと
グーンとエネルギーがチャージされる感触・・・

人間もメカみたいなもんなんだな。

ポンコツになっちゃったけど

ウェイク・・アァァァプ!
e0028056_8405635.jpg


Windowsの起動時みたいなサウンドロゴが
頭の中に鳴り響く。

さ、今日も頑張んべー!





e0028056_839592.jpg

(^.^)ちょっと・・・くどい?
[PR]
by budda88 | 2013-07-18 06:27 | 生きるということ | Trackback | Comments(0)

思い出の中の美しい情景

日本列島、暑い毎日が続いているね。
いろんな事が心配だけど
美しい情景を思い出し、
「大丈夫」と心につぶやく。
e0028056_623627.jpg

心が澄みきるような青い世界

e0028056_625749.jpg

広い世界を見て
e0028056_6255274.jpg

自分なりの人生の翼を手に入れて
力強く生きて欲しい
e0028056_6463112.jpg

迷う時も心を静めて

e0028056_6471590.jpg

ちょっと心の力こぶを緩めて・・・・・・・・・・・。
疲れが癒えたら

e0028056_6295112.jpg


真っ直ぐに、思いっきり心を伸ばして



(撮影:HIDE)










[PR]
by budda88 | 2013-07-16 06:30 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

VS.~知覚と快楽の螺旋~

e0028056_1371791.jpg

福山さんの「Glileo+」
Produced by Masaharu Fukuyama 「Galileo+」(初回限定盤)
(DVD付)(スリーヴケース仕様) [CD+DVD, Limited Edition]
e0028056_12291224.jpg

何となく昔のデビット・ボウイのアルバムを彷彿とさせるジャケットは
実に面白い^^
早速毎日聞いていますが
柴咲コウちゃんの「恋の魔力」
可愛くて何ともスィートな声が魅力的です。
韓流KaraのHARAちゃんや中国の歌姫A-Linちゃんとのコラボは
いかにもアジア進出への戦略的なコラボレーションという感じですが
双方とも違った魅力で新鮮でした。

でも、何度聞いても好きなのは
「VS.~知覚と快楽の螺旋~」
いいなぁ、カッコいいなぁ~
混沌としていながらも、ストイックなぐらい真理を求めていくような
イマジネーション!
まさに事件の謎を解いていく「ガリレオ」のイメージにぴったりきます。

私が福山さんに魅かれる原点がここにある気がします。
全く相対するものが強烈な引力で相反し合って
バランスを保っている感じ。
「知覚と快楽」「冷静と情熱」「冷淡と愛情」
「孤高と俗性」「ストイックと快楽的」「無表情と表情豊か」
「孤独とチーム団結」「沈黙と歓喜」「アート的と商業的」
これって・・・・・・・・・・実に面白い。

福山さんのインストルメント曲に
「アンモナイトの夢」というのがあり
これもとても素敵な曲で大好きです。
最初はスティングの「ブルータートルの夢」からのパクリかな?と
思ったのですが、そこには全然違う福山ワールドが広がっていました。
「VS.~知覚と快楽の螺旋~」は激しくスリリングな演奏の中に
研ぎ澄まされたナイフのような知覚を秘めたナンバーですが
どちらの曲にも共通するのは
『螺旋』のイメージ
スリリングな螺旋と、緩やかな太古のアンモナイトの螺旋。
e0028056_1363626.jpg

「VS.~知覚と快楽の螺旋~」は突然巻き込まれた
事件や運命のカオスを感じさせる曲調
スリリングなカオスは
運命の渦巻きに巻き込まれたようなイメージ
でも同じところをグルグル回っている「渦巻き」にはない
上昇と下降のイメージが「螺旋」にはあります。
グルグルと混乱しながら巻き込まれながら
上昇している、あるいは下降していくイメージ。

運命の螺旋はドラマティックです。
e0028056_13184441.jpg

音の世界だけでなく、そんな視覚的なイマジネーションまで感じさせてしまう
福山さんのクリエーション力ってすごいなぁぁ

ラジオのエロ話を聞いているとどうしてもイメージが統合できなくて
不思議な引き出しをいっぱい持った人だなぁぁと感服してしまいます。

ちなみにドラマや映画の中で、謎が解けて
犯人が判明し、その事件の真相が分かってくると
その動機にはいつも切ない理由があって
犯人がその心の内を吐露する場面で
爪弾きでこの曲が流れるの…‥あれ、泣けます。
e0028056_13192189.jpg

「VS.~知覚と快楽の螺旋~」
ソロギター爪弾きバージョン

この曲が爪弾きで流れてくると
犯人にすごくシンパシーを感じて
切ない気持ちがこみ上げて胸がいっぱいになる。

すごいです。こんなに心に残る挿入曲はなかなかないと思います。
これも「Galileo+」に入れて欲しかったです。
[PR]
by budda88 | 2013-07-07 13:08 | MASAHARU FUKUYAMA | Trackback | Comments(0)

年月が経つのは早い・・・・・・・

e0028056_6592787.jpg



朝ふと、夢に目が覚める。
思い出の中ではいろんな人たちは若く
子供たちも幼い・・・
記憶が曖昧になってしまった思い出も
思い出の感触も

どれも愛おしくて切ない

いま、ここにはもうない
何でもない小さな雑貨でさえ
思い出されると
そこにはいろんな思い出が派生して
懐かしく寂しい

e0028056_742959.jpg


これは何という感情だろう・・・・・・

表現し難い曖昧で不安で
不定愁訴のような不条理な感情。
失われていった膨大な時間への
根源的な喪失感・・・・・・・

でも、
現実の生活には無用な
感傷のようなものかもしれない・・・



さあこんな想いは振り払って

今日も一日頑張ろう!
[PR]
by budda88 | 2013-07-03 07:02 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)