「壁ネクチン体操」

☎☎☎!!!!!!
健康や闘病に役立つようなTV番組がオンエアされていると
何か、必ず実家から電話がかかってきて
母が「いま、こんな番組やってるよ!参考になるから聞いておいたら」
「長生きホルモン」・・・(ー_ー)!!
ちょっと、ムッとしてしまいながら・・・でも
一応見てしまう不孝中の親思い(?)・・・
でも、そりゃ・・・(T_T)親の気持ちを思うと・・・
少しでも元気で頑張らなきゃね(^_^;)


アディポネクチン(※以下 NHK ためしてガッテン HP参照)
【健康長寿のカギ、“長生きホルモン”とは?】
番組ではわかりやすいように“長生きホルモン”と呼んでいましたが、
正式には“アディポネクチン”というホルモンだそうです。
1995年に、大阪大学や昭和大学の研究者によって発見されたこのホルモンは、
現在までに様々な良い効果を体にもたらすことが分かっているそうです。
中でも、血管の修復、糖尿病の改善、糖質の改善の効果が証明されており、
最近ではがんの抑制にも効果があることがわかってきているのだとか・・・。
それならば・・・長生きな人だけでなく
きつい抗ガン治療で弱った血管の修復や
副作用による合併症が心配な私たちにも
役に立つかな・・・(●^o^●;)

e0028056_5332655.png


アディポネクチンは主に内臓脂肪によって分泌されるそうです。
内臓脂肪が痩せすぎていても(内臓脂肪や体脂肪レベルが極めて低い)
太りすぎて内臓脂肪が膨らむことでも、
アディポネクチンの分泌は弱まるそうです。
つまり、アディポネクチンをよく出せるのは、
丁度良いサイズの健康な内臓脂肪を持っていることだとか・・・。
しかしサイズに関わりなく、ある程度
内臓脂肪に効果がある運動をすれば、
アディポネクチンの分泌量を増やすことはできるそうです。
番組の中では専門家が考案した
「壁ネクチン体操」が紹介されていました。

1.壁に張り付く(後頭部、肩、手、尻を浮かさないように
 お腹に力を集めるように意識)…3分間

2.ひねり運動(足一つ分前へ踏み出し、体を大きく左右にねじりながら、
 右手で左側、左手で右側の壁をタッチ。
  大きな声でカウントする)…30回

3.羽ばたき運動(壁にくっつき、両手を壁から浮かさずに上下に動かす)…3往復

4.壁に張り付く(羽ばたき運動が終わったら、
 そのまま手を止めて再び張り付く)…3分間

5.笑う深呼吸(両かかとを合わせ、両膝を開くようにしっかり曲げて腰を落とす。
 次に、両手をまっすぐ上に上げながら「いよ〜っ」などと大きく掛け声。
 左右から手を下ろし、膝を伸ばしながら「わっはっは」などと大声で笑う。
  …3回


※1日2回行うとより効果的です。
※声を出したり、笑う時は、
腹式呼吸になるように意識しましょう。
※食前・食後30分の体操は避けてください。
気分が悪くなったり、体に不調をきたした場合は、
すぐに体操を中止し、かかりつけの医師にご相談ください。
※笑いは体に負担をかける場合があるので、ヘルニア、
心臓疾患などの持病がある方は、かかりつけの医師に相談の上、
行ってください。

だそうです。


再発する前だと

「いーもん!・・・(ー_ー)!!こんな体操!
 ジム行ったり、ウォーキングしたり
 ヨガとか運動はしてるし!!!」と
思って軽く見流していましたが、

最近は身の回りの家事と買い物ぐらいで
あまり歩かないし、運動もしていないし
胸のVポートが気になって家ヨガも
しなくなって・・・
でも脚部は痛いから
ゴキブリ体操や、
股関節のストレッチはしているけれど

そう言えば、お腹や特に胸部
肩甲骨、肩の方は
動かしにくくて運動不足でした。

このぐらいの運動量や可動域なら
無理が無さそう・・・・・(゜-゜)かも

やってみると、
3分間壁に張り付くだけでも
今の私には結構キツイやん\(◎o◎)/!
がぁぁぁ~ん

一日2回とか
毎日続けるのは
今の私には結構努力が要りそう
でも、ある程度効果があるかしら?

健康な血管の修復をイメージしながら

試してみよっかな~♪

まぁ・・・続かなくても
試しに、ゆるゆると・・・でも
[PR]
by budda88 | 2015-10-30 05:34 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

化学療法9クール目

26日は化学療法9クール目に行ってきました。

パージェタ+ハーセプチン+抗がん剤ドセタキセル
とても憂鬱だったけれど、
日曜日のピンクリボンで久々に
患者会のみんなにも励ましてもらい
夜の福山さんのBrosTVで元気をもらって
憂鬱な気持ちと重い身体を吹き飛ばし
朝は夫に病院まで送ってもらい
頑張って受けてきました。
主治医も看護師さんたちも
皮膚科の先生もとても親切だったので
憂鬱さも少し和らぎました。

しかし昨日の山崎多賀子さんの
病人にならないメイクやお洒落のお話は
ご本人のメイク写真や体験談も交えて
とても楽しくて元気がもらえました。
特に山崎さんの脱毛七変化写真はすごい!
勇気あるなぁぁ!!!
何だかシオシオした気持ちも吹っ飛びました。

それに夫に「野球部のスポーツ刈りぐらいになってきたん違う?」って
言われて初めて気が付いたのですが
また抜けるかもしれないけど
私も薄く白髪交じりに黒い毛が生えてきました。(●^o^●)
10年前は家でもウィッグをかぶっていたのに
すっかりお坊さん頭でも平気でうろうろ
夫に、ちょっとゴメンナサイm(__)m


日曜は夕食後、久しぶりの講演会に疲れたのか
爆睡してしまっていましたが
ラインのましゃ友が「BrosTVだよ」て言ってたのを
思い出しログイン、かなり遅れて見始めたのですが
e0028056_242775.jpg

ビリヤードも上手な福山さんの腕前には
ほれぼれ♡ 段々とヒゲ福山にも慣れてきて
映画『ハスラー2』のポールニューマンとトム・クルーズを
思い出してしまいました。
e0028056_2443654.jpg

20代の頃は結構ビリヤードが流行って
何度かルール本まで買って練習に行ったけれど
もうルールも忘れてしまったなぁぁ~


最後に久々に聞きたくなったこの曲

やっぱり元気が出ます。
結婚しても、ましゃのこの曲は
私にはビタミン剤

これから徐々に出てくる
今回の副作用も
何とか乗り切ろう!(T_T)
[PR]
by budda88 | 2015-10-27 01:39 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

e0028056_7152254.jpg


明日は9クール目化学療法・・・・・・憂鬱。
身体中がずっと痺れてるし
また手の皮が剝けてきたし
手の爪は段々になって
ポロポロ欠けてくるし
足の爪は黒くなって剥がれたり
足の親指は相変わらず浸出液がじくじく出て
赤く腫れてるし(T_T)

とにかくしんどいので
今まで自粛していたけれど
しんどいのを押していろんな人に会い
元気をもらって廻ってきた。
さぁ、明日は頑張れるかな?

【其の一】
久しぶりに実家の母と
姫路で待ち合わせて
ホテル日航でランチをしました。
91歳の母を引っ張り出すのは
申し訳ないと思ったけれど、
今この時、会いたいと思った時に会ってないと
しんどくなり過ぎるともう会えないかも・・・と
思い立ったが吉日!
春の法事以来だったけれど
相変わらずのホンワカ笑顔にホッと癒されました。
「元気そうで安心した」と
母の方もホッとしてくれたみたいで・・・
やっぱり来れて良かった。
(T_T)ごめんね、なんで病気なんだろうね
本当は高齢になるほど
もっと、側に居てあげたいのに・・・


【其の二】
春の入院の時にお友達になったおふたりと
家の近くのラ・ポストでランチ
e0028056_22255497.jpg

e0028056_22261255.jpg

おふたりとも同じ再発仲間だし
お薬こそ違えども化学療法を受けたところで
ズラ仲間。Vポート仲間。
最近の副作用の様子や、
化学療法が終わられてVポート取り出し手術も
終わられたので、Vポートその後の様子も聞けたし
話していると不安が和らぎます。
限度額申請その後の様子や
保険や医療控除の話や
切実な話題は尽きることなく
ランチの後も近くの茶店Yuddyに
場所を移し、いろいろ情報交換。

患者会の時も参考にはなったけれど
同じ病院の人があまり居なかったので
同じ病院の仲間と話していると
ホッとする。

でも、これからは
お互い治療も違ってくるだろうから
あまり依存は出来ないだろうけれど・・・


【其の三】
ピンクリボンシンポジウムに行ってきました。
久しぶりに患者会のいろいろな方々と再会出来て
懐かしくて嬉しかったです。
今までは患者会の役員として
ブースのお手伝いで忙しかったけれど
今回は講演も最初から最後まで
ゆっくり聞けて良かった。
ブースの方々には申し訳なかったけれど
いつもはバタバタしていて
あまりゆっくり他の方と話せなかったので
今回は他の方ともゆっくり話せてよかった。
でも、役員さんやブースのお手伝いの方々は
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

がん研有明病院の岩瀬拓士先生による
診断と外科治療のお話
兵庫医科大学病院の三好靖男教授の最近の薬物療法について
埼玉医科大学大西秀樹教授の
がん患者の精神医療について

美容ジャーナリストの山崎多賀子さんの
病人にならないメイクやお洒落のお話は
ご本人のメイク写真や体験談も交えて
とても楽しくて元気がもらえました。
e0028056_2355647.jpg

最後に会場を出る時に
ピンクのバラがいただけたのが、
なぜかすごく嬉しかったです♡

ピンクリボン運動に関しては
最近いろんな迷いがあるけれど、
ピンクリボン自体は
やっぱり可愛くて
魅力的です。
e0028056_23173657.jpg


再発によって、今まで出来た事が出来なくなって
情けない気持ちになったり
取り残されたような喪失感を
感じたけれど
この講演の大西先生がおっしゃられていたように
今までと違った立ち位置になったことで
今まで見えなかった視点から物事を見れるようになったり
反対に今まで忙しくて出来なかったことが
出来るようになったと考えることで
心が成長できた気がしました。

明日の治療は憂鬱だけど
心は少し潤って癒されました。
[PR]
by budda88 | 2015-10-25 23:06 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

秋ごはん

e0028056_23194890.jpg
学生時代の友人のブログで
秋らしいしつらえのお料理を作ってて
季節感が溢れていて素敵だったので
真似してみました。
e0028056_23174485.jpg
柿の実を器に使った
柿なます。
e0028056_23181122.jpg
柿の実をくりぬいて器を作り
中身は大根と和えてなますに。

e0028056_23185112.jpg
塩焼きが多い秋の味覚、秋刀魚。
彼女はパプリカ巻にしていましたが
我が家は夫が苦手なので
人参とピーマンを巻いて焼いてみました。


彼女のよりちょっと大雑把な感じですが

ちょっと目先が変わって

食卓が新鮮になりました。^^

また味覚障害が始まったので

いろいろ作る楽しみをプラスして

自分をだましだまし

夕飯づくり







[PR]
by budda88 | 2015-10-19 23:26 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

ぼんやり安らげた休日

e0028056_10291640.jpg

この日は夫は朝からお出かけでしたが
先日の美術館が楽しかったので
ひとりで、平坦な道を選んで、
自転車でお散歩がてら
香雪美術館へ。
ちょうど福岡美術館コレクション
「筑前黒田家が伝えた名宝展」の最終日でした。
お天気が良くて、気持ちの良い秋晴れ。
無理しないようにのんびり走りました。
歩くとつま先が痛く移動がしんどいけど
自転車はちょっと楽ちん^^
e0028056_10292519.jpg

黒田官兵衛(1546-1604)の子・黒田長政(1568-1623)は、
関ヶ原の戦いの功績により筑前・福岡藩主として着任。
その後、黒田家は代々筑前一国52万石を司り、
さまざまな分野の貴重な美術品を数多く収集したそうです。
同展では、福岡市美術館に伝わる官兵衛の肖像画「黒田如水像」や
宮城の塩竈と松島の風景を大規模に描いた「塩竈松島図屏風」など、
代表的な絵画、書跡、工芸品が展示されていました。
e0028056_10314698.jpg

特に宮城・松島湾沿いの情景が描かれた
「塩竈松島図屛風(しおがままつしまずびょうぶ)」は、
全幅約4・9メートルの屛風に1900人が描かれ
その細密な描写と活き活きした筆致は
左右に何度も行き来しながら、
見ても見ても飽きない作品で。
色彩も鮮やかで美しく。
描かれている当時の風俗や人々の表情が
とても興味深く素晴らしい作品でした。


狩野探幽作の作品も何点か
展示されていて
「獺(かわうそ)図」は、
体毛まで精緻(せいち)に描いたかわうそと
簡素な背景の描写の対比が特徴だそうです。
e0028056_1032831.jpg

あと天璋院 篤姫の描いた『竹』は
真っ直ぐな力強い筆づかいに
人柄がにじみ出ているようで、印象に残りました。
また誰の作かは忘れたのですが・・・
史記の鴻門の会を描いた作品も印象に残りました。
3幅対の掛け軸になっていて
真ん中に項羽を訪ねる劉邦の姿
左右の軸には鳳凰と孔雀が描いてあり
鳳凰と孔雀は細密で美しかった。

ここにもあちこちに椅子があり
好きな作品の前で
いくらでも鑑賞できるので
体調のあまり良くない自分にも
無理のない楽しみ・・・・・

展覧会の規模としては、決して大きくはないけれど
日本の半分となら交換してもよいとされたエピソードを持つ
「唐物茶入 銘『博多文琳』」など、
日本の歴史を彩るような作品が含まれていたり
当時の大名の栄華を感じさすような
美しい蒔絵が施された挟箱や漆器など
大名コレクションならではの魅力があふれていました。
e0028056_10322985.jpg


秋晴れのお庭で、薄茶と和菓子をいただく。
お薄なんて、すごい久しぶりですwww
お饅頭もしっとりとして美味しかった。
ほっこり癒されるひとときでした。
e0028056_10325847.jpg


美術館を出てすぐ近くの所に
弓弦神社があります。
e0028056_10331185.jpg

フィギュアスケートの羽生弓弦選手や
サッカーの選手などスポーツ選手に縁の神社。
病気に効くかどうかは分かりませんが
大けがをしても復活して頑張られている
羽生くんにあやかりたくてお参りしました。
e0028056_10332412.jpg

境内には羽生くんのファンの人からの
応援や活躍を祈願する絵馬がたくさん
奉納されていました。
そして!なんと!
羽生くん直筆の絵馬も!
(T_T)(T_T)(T_T)
わぁぁぁ~
[PR]
by budda88 | 2015-10-18 22:43 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

大英博物館展

グランG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)注射の副作用も
翌日のお昼ごろには治まり
痛みどめも効くようになってきたので
あまり気にならなくなりました。
少ししんどかったけれど
日常の家事とかに支障はなくなっていました。
最近、努めて時間を割いてくれるようになった夫と
旧居留地の博物館で開催されている
大英博物館展へ行ってきました。
e0028056_20381173.jpg


大英博物館というと、
学生時代に友人と京都に
すごい行列を並んで
ツターカーメン展へ行って
その迫力にすごく感動したのを
今も覚えていますが・・・・・・・

今はその時のツターカーメンの黄金マスクも
エジプトに返還され
カイロのエジプト博物館に展示されているそうです。
e0028056_20384114.jpg


今回は最古の石器がつくられた人類発祥の地から
縄文土器、エジプト、中国、ヨーロッパ、南米の
世界各地の歴史をさかのぼり
現代のグローバル社会にいたるまで、
大英博物館コレクションから
全8部門を網羅する100作品が展示されていました。
映画「ハリー・ポッター」第1作に登場する《ルイス島のチェス駒》や
歴史の教科書にも登場する《ロゼッタ・ストーン》の原寸レプリカなど
誰もが教科書で見たことのあるようなものがいっぱいwww


e0028056_429713.jpg





e0028056_20391376.jpg

『ミトラス神像』
怪しく恐ろしいけれど、
造形は美しかった。



e0028056_203933100.png

メソポタミアの古代都市ウルで
王家の墓から見つかった箱『ウルのスタンダード』
貝、ラピスラズリ、赤色石灰岩、ビチューメン(瀝青)が使用され、
「スタンダード(軍旗)」と通称で呼ばれているが、
用途は不明。いったい何に使ったのでしょう?
片面には平和な祝宴や民衆の様子が、
もう片面には兵士たちや戦争の様子が
平和と戦の表裏が対照的に
モザイクで描かれていて
緻密に描かれた当時の様子が
高度な修復技術で復元されており、
目近で見ると感慨深い。



e0028056_2039554.jpg
色彩も鮮やかで日本が誇るべき『柿右衛門の象』
一番お気に入りの美しい作品でした。


それから英雄の功績をレリーフや
絵画として記した棺

戒めや伝説を書き連ねた棺

死者の生前の様子を感じさす
副葬品の数々・・・・・・・・・・・・・・・

太古の昔から
人は人として存在した証を残すために
さまざまな工夫を凝らして
想いを込めて
それを芸術にまで高めて
後世に残そうとしたのですね・・・・・・・

こうやってさまざまな有名な遺構を目にしながら
本当にささやかな存在である自分には
何も残すもの無いな・・・って
少し寂しい気がした。
本当に自分たちは『今』この時の
積み重ねこそがすべてなんだなって・・・・・
それでも、こうしていろんなものを
いろんな感動を、少しでも
長く、多く感じていたい・・・・・

人は多かったけれど

会場のあちこちに

椅子が置いてあったので

好きな作品の前に座って

ゆっくりボーツと出来たので

身体もとても楽でした。




[PR]
by budda88 | 2015-10-18 21:16 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

金木犀

e0028056_3204082.jpg

病院で診察を受けたあと
シャトルバスでショッピングセンターに出て
少し買い物をしてからの帰り道
ふと、いい香りがした。
深呼吸して見上げると
淡いオレンジシャーベット色の
金木犀・・・優しい香り・・・
癒されたなぁ~
あの一瞬。


採血検査の結果
白血球が2530と低く、
好中球が278と
500を切っていたので
グランを注射して帰った。

その時はどうも無かったけど
じんじんじんじん
腰や背中・・・
足の先・・・あちこちが痛くて
眠れない(T_T)
痛みどめを飲んで
睡眠導入剤を飲んでも
まだ眠れない(T_T)

金木犀の香りを
思い出しながら
深く深呼吸をしよう。
呼吸を整え
目を閉じ、心に数を数えていこう。
眠れますように
眠れますように
[PR]
by budda88 | 2015-10-15 03:35 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(0)

ポテトサラダケーキ

キューピーハーフのホームページの
ポテトサラダの日特集に
本物のケーキみたいな
ポテトサラダケーキが載っていて
あんなに本物みたいには無理だけど
有り合わせのもので、
ケーキ風ポテトサラダを作ってみたwww^^
e0028056_2121867.jpg


じゃがいもをひとり分に1個づつ湯がいて
軽い塩味でお湯が無くなるまでボイルして
マッシュポテトにして冷ましてから
キューピーハーフをほどよく合える。
1段目を丸めて作り、上を平たくして
大きさを合わせてカットしたハムを乗せ
それをはさむように2段目を丸めて作って乗っける。
 (●^o^●)粘土遊びみたいwww
e0028056_21215542.jpg

ベビーリーフやプチトマト、チャービルとかを
ちくちくと盛り付ける。
e0028056_21242287.jpg

生で食べれてサラダやおひたしにしても美味しい
鈴かぼちゃを薄く末広に切ってポイントに刺す
鈴かぼちゃは本当に美味しい
キューリのような食感だけど
甘みがあって・・・
意外に食べやすい。
e0028056_21275671.jpg

キューピーハーフを所々に飾り付け
ポテサラケーキの出来上がり。

e0028056_2143359.jpg

昨日、帰りに魚の棚で買った穴子で
穴子丼を作りました。
ポテサラケーキ、
和風なメニューにも合いました。

ハローウィンやクリスマスにも
ケーキ風にしたら楽しそうwwwwww

明日は化学療法後、1週間検診・・・・・・・
(^_^;)何だか通院が近づくと副作用がマシになってくるみたい・・・・・・・・・
この数日すごくしんどかったのに・・・
通院して「いかがですか?」と聞かれると
あまりしんどいと言えなくなってる・・・・
これって良い事なのかしら?

複雑な気持ち・・・。
この後、またしんどい時があるんだけど
次の点滴の頃になると
またマシになってくる・・・・・・

辛い治療も長く続けられるよう
うまく薬の調合が考えてあるのかしら?
[PR]
by budda88 | 2015-10-13 21:47 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

連休最後の日

e0028056_3431311.jpg

e0028056_3433969.jpg

連休最後の日、しんどくて寝込んでいたら
珍しく予定が無かった夫が
「どこか行きたい?しんどいかな?」

行きたい!行きたい!
海へ、ずっと行きたかったあの風景へ!

車に乗っけてもらってやっと来れた。
今年の夏中、ずっと来たくても
観に来れなかった
この風景。

やっぱりいいな・・・・・・
ずっとずっと見ていたい

この日は舞子ビラから。
[PR]
by budda88 | 2015-10-13 01:07 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

マイ・インターン

土曜日の昼過ぎには
早朝からゴルフに行っていた夫が
珍しくハーフで帰ってきたので
ハーバーランドのumieに
「マイ・インターン」を観に行きました。
e0028056_2230613.jpg

ニューヨークに拠点に立ち上げたファッションサイトを
1年半で人気サイトにしたアン・ハサウェイ演じる主人公ジュールス
ユニークなマネージメントで夢を形にし続けてきた彼女のもとへ
ある日、70歳の直属のインターンが配属された。
という、今まであまり無いような設定

70歳のインターンに我らが名優
ロバート・デ・ニーロが好演
いつも癖のあるコワモテな彼が
執事のような繊細さとジェントルマンさで
若いボスとどう共存していくか
興味津々のストリー展開で・し・た^^
e0028056_2243039.png

オフィスの中を自転車で秒刻みで
走り回る姿がカッコいいwww
私たちの世代にはなかった
カジュアルで自然体な感じのやり手さ加減が
デモシカ中年になっちゃった私には
ちょっとうらやましい感じでしたが・・・・・・(^.^)
e0028056_22433764.jpg

だって、アン・ハサウェイ・・・かっこ良すぎ!!!
昔職場でサバイバルしてた同僚や
独立して事務所持ったキャリアウーマンっていうと
実際には粘り強くて、ハングリーで
もっと男みたいだったり、飾り気なかったり
おデブちゃんだったり
こんなにカッコ良く無かったもんね(^_^;)
ホント、彼女はおとぎ話のような成功者像ですwww
でも、映画だから思い切り夢みたいで
いいのですけどね(●^o^●)

確かに昔は仕事を続けて家庭も持ってても
家事や子育てや老人介護の仕事は
やはり女性が主体で、
男性は分担するって感じだったから
女性の負担はもっと大きかった気がする。
社会の一線で活躍する女性が増えたら
専業イクメンも必要となってくるのだろうか?
最近、いわゆる「イクメン」男子って増えてきてるけど
私たちの世代からすると・・・どうも
まだ馴染めない。
西嶋君がCMで演じてるイクメンは
とっても素敵ですが・・・実際はどうなんだろう?
根本的に現代の専業イクメンと
昔の専業主婦は違う気がする。
実態を知らないからかもしれないけど・・・
昔の専業主婦は独特の道徳観に守られていたから
PTAの活動や地域活動を通じて
子供の環境を守るようなネットワークの中で
主婦同士の厳しい掟を構築ししていた気がするけれど
現在のイクメンは最終的には
暇な時間にはゲーム夢中になったり
この映画のように真面目な夫でも不倫に走ったりとか
最初は理想に燃えていても
段々とアイデンティティを確立できない
モラトリアムな立場に追い込まれていくような
気がしてしまいます。
でも反対に、妻が病気になったり
離婚しても自分が親権を取って
仕事もあるのに妻の介護や
子育てをしなくてはならない過酷なイクメンも
いて、こちらの方は「イクメン」なんて
はやりの言葉では語りつくせない気がします。

結局・・・この不確実性の時代
形にとらわれず
新しい夫婦の形を模索していけばいいよね
世の中どんどん移り変わっていく。
こんなセレブな家族はおとぎ話
現実は男も女ももっと大変!!!
それでも喧嘩したり妥協したりしながら
新しい自分たちに合った家族の形を
見つけて行けばいいんだよね・・・・・・・・

私は同世代でも
結婚後のフルタイムワーカーの
大変さは正直分からない。
周りには結構フルタイムワーカーを続けている
公務員の友だちとか多かったけど
田舎で祖父母もいて
趣味や旅行も楽しめて気楽そうだったし・・・
全ての人が決まったワークスタイルとは限らない。
夜勤があったりローテーション制だったり
フレックス制だったり・・・・
昼間遊んでいるように見えても
徹夜して仕上げたものの
出来高制の人だっている。
極端な例を言えば
すごく積極的に何かをしていなくても
電話の前に座ってそこにいることだけでも
大切な存在もある。
みんな「仕事らしさ」ではなく
報酬を払う人の需要に応えてもらうのが
報酬なのだから・・・
でも反対に報酬につながらなくても
信念を持って、はっきりしたポリシーをもって
寝食惜しんで仕事以上に励んだ仕事、
例えばボランティア活動なども
自分にとってはGood Jobだったと信じている。

仕事も結婚もいろんなカタチがあっていいと思う。

でもね・・・最近、病気が再発してからは
そんなこともどうでもいい気がする。
やっぱり健康!
何と言っても、健康じゃなきゃ!
でも仕方なく病気になってしまったら
それはそれで、それでも
少しでも良い人生が送れるように
互いを思い合って
新しい形を探していくしかないよね。
何だか人間って切ない・・・
出来るだけ負担にならないように
頑張ろう・・・(T_T)


で・・・映画の感想に戻りますが
むしろリタイアから復活した
ジェントルマンが若くてカジュアルな世代と
何だかいい感じに共存してく姿が
参考になりました。
ふたりの会話も世代を超えて
心にヒットする感じで
何だか思わずメモっちゃいそうな
深いい言葉がいっぱい~♡
e0028056_22432110.jpg

自分の子供より若いような仕事仲間たちと
どんどんと新しい
不思議な関係性が誕生していく
e0028056_22494977.jpg

面白い映画でした。
横で夫も何だかやたらウケまくり・・・
私たちもそういう世代になってきたのね・・・・・
子供たちはずっと保護して育てる存在と
思ってきたけれど
子供が成長していくと
その先にあるのは
新しい形の共存の模索・・・・・・・・・・
楽しい映画だったけれど
最後は、思ったより年を重ねて丸くなったデ・ニーロや
いまだに綺麗で素敵だけどそれなりに年を重ねた
レネ・ルッソに感慨深く感じ入ってしまいました。



映画を観てから海辺のモザイクで夕食
予約もなにもなく行き当たりばったりに行ったので
どの店もいっぱいで
適当なお店で適当に済ます。

e0028056_22454168.jpg

3大イルミネーション「ハウステンボス(長崎県)」、
「あしかがフラワーパーク(栃木県)」、
「江の島 湘南の宝石(神奈川県)」とコラボした
『夜景サミット2015 in神戸』の一環で
ポートタワーが虹色にライトアップされていました。
[PR]
by budda88 | 2015-10-12 22:45 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)