久々のDVDレンタル

最近はあまりDVDを借りる機会がなかったのですが
たまたま『マイ・フェア・レディ』を借りに行って
貸出し中だったので、そのまま帰るのも何かなと思い
ずら~ぁと数のそろっていた新作から
SPY/スパイ
e0028056_01290696.jpg
あまりストーリーもよく知らずに
たまたま好きなジュード・ロウとジェイソン・ステイサムが
そろって出演しているので借りてみたら・・・
何と!007ばりのイントロで始まったその内容は・・・・・・
e0028056_01293501.jpg


主役はジュード・ロウでもジェイソン・ステイサムでもなく
CIAのスパイたちを陰でサポートする内勤分析官、
メリッサ・マッカーシ演じるスーザン・クーパー 。
おデブで気のイイ普通のおばちゃん^^
そのスーザンがサポートするバリバリイケメンやり手スパイの
ブラッドリー・ファイン (ジュード・ロウ)が
スーツケース型核爆弾の闇取引を阻止するための潜入捜査中に
射殺されてしまい、顔の割れていない内勤のスーザンが
潜入捜査官として送り込まれることになったが・・・
007のボンドガールみたいなナイスボディの女スパイたちと
頭脳と身体を張ったスパイ戦を繰り広げる。
最初は「なんだこりゃ!変なもの借りちゃったな(^_^;)」と
ブツブツ言いながら観ていたのですが・・・
これが、すごい!面白い!

絶対無理!と思うような
ジャッキー・チェンばりのアクションシーンを
このぽっちゃり体型でバリバリやってのける場面は
もう笑いすぎて涙が出ちゃいました。
「メリッサ、ブラボー!」おばちゃん、万歳!
最近、自毛デビューでおばちゃん頭だし
運動不足ですっかりおばちゃん体型の私も
何だかすごく元気がもらえました。

一見クールで残忍な敵役レイナを演じるローズ・バーンも
美しいだけでなく、ちょっとコミカル。
スーザンと同じ内勤分析官で
親友のナンシー(ミランダ・ハート)の怪演も
何だか後から思い出しても可笑しくて^^

心意気だけでは病は治せないだろうけれど
最近いろんなことがしんどくて自分が情けなかったり
落ち込んだりしていたので
パワフルなおばちゃん魂に癒されました。


















[PR]
by budda88 | 2016-08-30 00:25 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

おめでとう\(^o^)/

e0028056_13023139.png
昨日はネットやましゃ仲間のラインを駆け巡った
おめでたのニュース♡
昨年のスーパームーンの電撃結婚から約1年、
ついに「そして父になる」ですね。
もう今は安定期に入っていて冬頃に出産の予定とか
母体も安定して順調とか~♪ 元気な赤ちゃんが生まれるといいですね♡


昨晩のBros.TVでもご報告がありましたwww

e0028056_12520200.jpg


まだまだ先と思っていたファンミーティングにもあとわずか!
映画『SCOOP』の封切りまでもあと1か月あまり!
ましゃパパ、頑張ってね\(^o^)/

e0028056_12532781.jpg


新しい生命の誕生に、また新しい創作の新境地が生まれるといいな
小さな生命の成長にましゃは何を感じ、変わっていくのかしら?

e0028056_12550013.gif










[PR]
by budda88 | 2016-08-29 12:56 | MASAHARU FUKUYAMA | Trackback | Comments(0)

分子標的治療22クール目

e0028056_02423684.jpg
8月22日は22クール目のハーセプチンを受けてきました。
点滴自体は30分で済んで、ヘパリン生食フラッシュ。
前回までは生食だったのに今回はヘパリン生食になっていた。
何だかこんなことでもひとつひとつ不安です。
私のCVポートにヘパリン生食で良いのか?
看護師さんに聞いたら微量のヘパリンだから大丈夫らしい・・・・・・
CVポートの留置は本当にストレスになる(T_T)
最近はポートの周りが汗で痒くなることが多いので
掻き崩さないように注意が必要です。
死ぬまでこれを着けたままかと思うと悲しくなる。
末梢血管の保護のためというけれど
術反対左側の心臓に近い所に留置してあるので
心毒性のあるハーセプチンをエンドレスというと心配だ。
もう一応標準治療の1年は3週間ごとにクリアしたので
少し休みたい。
心毒性のあるホルモン剤フェマーラも服用しているので
胸や背中の倦怠感や圧迫感も気になる。
前回副作用がしんどくて1回スキップしてもらったけれど
夏で汗などの刺激もあるからか・・・
全身の痒みと湿疹がなかなか治らないので
皮膚科でアセモのお薬も処方してもらった。
足親指のジクジクも相変わらずなので
硝酸銀を塗ってもらった。
目もシバシバに更に汗がしみるので
保護成分のティアバランス点眼液と
アレルギーの痒みのためのパタノール点眼液を処方してもらった。
最近手仕事やPCワーク増えたからか
手首が痛くてなかなか力が入らない(^_^;)
順調だった時はどんな情報も信じれたのに
今は副作用が全然出ない人がいるなんて
何だか信じられない。
そんな人がいるなんて羨ましいです。
楽しみにしていた患者会の会報誌が届いても
何度も読んでいると
今の自分の実感からは急に遠い気がして
切ない気持ちになります。
考えても答えの出ない病の事より、
もう今は自分に出来る身近な事を
大切にしたいと思ってしまう今日この頃・・・





















































[PR]
by budda88 | 2016-08-28 23:31 | breast cancer | Trackback | Comments(0)

マイ・フェア・レディ


e0028056_15473425.jpg
先週末のお休み、もうすぐ夫の誕生日なので
梅田芸術劇場へ『マイ・フェア・レディ』を
観に行きました。
e0028056_15475089.jpg
『マイ・フェア・レディ』は
何10年も昔にオードリー・ヘープバーンの映画を観ましたが
生のステージを観るのは初めて
ミュージカルをこんな風に観るのは何10年ぶりでしょう・・・
e0028056_16064416.jpg
主役のイライザは真飛聖さんと霧矢大夢さんのWキャストでしたが、
この日は真飛聖さんのイライザでした。
以前TVの『相棒』シリーズで水谷さんの相棒を務めていた
寺脇康文さんがヒギンズ教授役
ピッカリング大佐には田山涼成さん
イライザの父ドゥーリトルは松尾貴史さん
ヒギンズ教授の母役には高橋恵子さん
他にも宝塚やミュージカル界のベテラン俳優さんが
しっかりと脇を固めて見ごたえのあるステージでした♡
寺脇さんがこんなに歌もダンスもお上手なんて知らなかった^^
映画とはまた違った面白くてダンディなヒギンズ教授で素敵でした♪
e0028056_16075229.jpg
この日はステージの後にトークショーもあり
真飛さんも素敵でしたが
高橋恵子さんがすごくお綺麗でした。
田山さんもとても面白い楽しいトークでした。
e0028056_16091773.jpg
オード―リー主演の映画はずっと昔に観たきりなので
もう一度見たくなりビデオ屋さんに借りに行ったら
どれも貸出し中だったのでびっくり\(◎o◎)/
今でも人気のあるミュージカルなんですね。

病気の事も忘れて呑気なと思われるかもしれませんが
私はこんな風にしか生きれない。
多分ずっと、その時が訪れるまで。





















[PR]
by budda88 | 2016-08-28 08:23 | 心の琴線に触れること | Trackback | Comments(0)

e0028056_13474970.jpg
暑い毎日だけど、オリンピックから目が離せません。
でもお盆前は雑事も増えて
一日中バタバタしていたので
夜にはもうぐったり・・・(^_^;)
中継が始まるとハラハラワクワクしながら
観ているも、気がつくと爆睡していたり。
結局お盆休みの録画ダイジェストで見直したり^^
熱い努力が実ってメダルを獲得できた人も
頑張ったのになかなか力が発揮できなかった人も
いろんなドラマがいっぱい!
元気がもらえた。
今回もオリンピックが観れて良かった\(^o^)/
4年後の東京オリンピックも観れるといいんだけど・・・・・・
どうなんだろうな?

先の見えない今日この頃
明日はどっちだ?

お盆休みも今年は子供たちも
残業で遅くなったりお休みが短くて
帰省も駆け足だったりしても
遠路帰省してくれた。
お墓参りして、ちょっとだけご飯食べに行って
アッ!という間に過ぎちゃって
またそれぞれの場所に帰っていってしまいましたが
オリンピックもまだ残っているので
応援しながら
この残暑を乗り切ります。









[PR]
by budda88 | 2016-08-16 12:47 | 暮らしのつれづれ | Trackback | Comments(0)

花は移れど

満開だったひまわりも
少しずつ花の色は移りにけりな~という
感じになってきました。
これも自然の摂理、花の定め
悲しい
e0028056_13554438.jpg

ひまわりの開花はその爽やかなビタミンカラーで
元気をたくさんくれたから
その移り変わりは特に印象的です

e0028056_13591761.jpg

種が獲れるまで、
見守るのは辛い
茎が長いので
風が吹くとプランターより重くなって
すぐ倒れます。
早く種が獲れるといいな

e0028056_1431966.jpg

花びらが枯れ始めても
最後の最後まで
キッ!と胸を張って
ひまわりの気骨を見せている
種が栄養をいっぱい蓄えて
大きく、堅く、しっかり乾くまで
我慢強く見守ろう。

e0028056_147574.jpg

e0028056_1474723.jpg

花はいつ咲いたのか?気がつかない内に
ささやかに咲いていたけれど
実はしっかり少しづつ大きくなってきた
クリスマスホーリーや紫式部たち
この暑い夏に太陽をいっぱい浴びながら
栄養をしっかり蓄えて
次の秋や冬の準備をしています。



自然は十人十色
それぞれの個性で
精イッパイ!今をつないでいく姿には
限りある生命の原点をみるようで
心に繰り返し刻み込み
不安の連鎖を振り払う。
[PR]
by budda88 | 2016-08-02 07:02 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(0)

分子標的薬ハーセプチンと
フェマーラのホルモン療法だけになったのに
まだ体調が回復しない。
でもパージェタが抜けると
お肌のブツブツは治まってきたみたい・・・
時々急に手や目が痒くなる時はあるけど
あの辛いブツブツが無くなっただけでも
気分は回復・・・と思っていたら
また急に痒くなってくる(^_^;)
プツプツも出てくる。
痒いだけでなく何か焼けるようにヒリヒリする。
そうそう簡単にもとの身体に
戻ることはないのである。


e0028056_13184539.jpg

相変わらず右足親指はジクジクして
足指の痺れがジンジンする時には
骨まで痛い気がする。
爪の先がポロポロ欠けて
取れていって食い込む爪も無くなっているのに
なぜかな?・・・・・・
ドセタキセルが抜けた時に
すごく改善した気がしたのに(^_^;)
気のせいだったのかしら?

鼻の入り口のジクジクもこの足親指と同じ感じ
瘡蓋になって出血しやすい・・・

脚の膝も、股関節も、臀部の筋肉痛も
痛痒いような変てこな痛さ・・・
皮膚の下で靭帯や関節がすれ合う所が
足親指や鼻の入り口みたいに
ジクジクしていたりして(妄想)
関節の骨頭が爪のように脆くなって
ポロポロ剥離したりしないのかな?(危惧)
左側も張った感じはするけど大したことない。
膝も股関節もホルモン療法の時の痛みと少し違って
何だか引きつるような感じ。
イメージとしては筋膜がよれて引きつっているような感じ。
だから、「ためしてガッテン」で言ってたみたいな
筋膜リリース体操をすると
わりに改善する。
でも、外では体操することができないから
攣った感じで辛くなってくると
携帯用のロールオンを塗って紛らわすしかない。

まだ手足の痺れがも抜けなくて
熟睡した後の朝方は身体中が痺れて辛いと
先生に訴えたら、漢方薬の牛車腎気丸を
処方してくださった。
少しマシになった気がするけれど
微妙です。
ただの痺れではない
ジンジンとうずくような痺れです。

右に症状が出やすいのは
術側だからかな?
胸の辺が痒いから掻いたら
ズルッと皮が剝けてびっくり!お肌が弱い。
抗生物質クリームとベビーパウダーを塗っていたら治った。
でも、気を付けなきゃ。
ボリボリ掻くのは厳禁です。

全身的になぜか粘膜や肌が弱くなって
傷つき易い。
足の裏の皮も薄くなったみたいで
少し歩いただけですぐ足裏が痛くなるし
たいして歩いていないのに
足の裏に水ぶくれが出来たりする。

なぜそうなるのか?
私には知るすべもない。
こんな時は何でも 副作用では?と
ビクビクしてしまいます。
昔の人だとこれもみんながんの症状と
説明されていたのではないかしら?
たとえ歩けなくなったり、皮膚症状がひどくなっても
やはり命の方が大切だと言われると
耐えるしかないのでしょうか?
でもね・・・ナマクラと言われても
私たちは闘病ドラマの登場人物じゃなくて
普通の生活者だから
日々のQOLは切実です。
治療前は誰の世話にもならなかったことが
治療の副作用でずいぶん周りに迷惑をかけてしまった。
これで良くならなかったり
悪くなってもっと迷惑をかけるようになった日には
何のために治療を始めたのか分からなくなってしまう。
いつか悪くなるとしても
元気な時には元気でいたいと思いませんか?
自分の無知さを引き算しても
やっぱり元気な時には元気でいたい。
これから治療がどうなっていくのか
私には分からないけれど・・・
どうせ最後は死んでしまうなら
もうあまり身体を痛めたくない(T_T)

化学療法を休薬したい。
「多分抗がん剤の副作用がまだ残っているのでしょう。
分子標的薬はもともと副作用があまりないから
今の分子標的薬を止めても変わらないと思いますよ」と言われても
この痛いのや痒いのには慣れれない。
こんな状態に慣れるのは嫌だ。
「みんなはどうもない」と言われても
私はどうもなくないのです。
いろんな不調がリセットさせることなく
今の治療をずっと続けて
どれだけがんに効果を発揮してくれるのだろう。
どうせ進行していくと最後は緩和医療しかないとか言われるのなら
もう今はQOLをこれ以上落としたくない。
今止めても、あちこちが痛くて痒い(T_T)
笑顔で何でも頑張れて、
医療者の人たちとも仲良くしていたいけど
信頼して言われる通りにしている方が
精神的にも楽だけれど
良くなるために治療しているのに
辛い事が増えるのはいかがなものか?
被害妄想と言われそうだから言えないけれど
身体のための治療ではなく
治療のための治療のような錯覚にとらわれる時がある。
でも、人は心で生きているのだから
「それは間違っている」と言われても
心が感じることは、自分にとっては大切な実感だ
病院へ行くとつい笑顔で流されてしまう。
辛い時も、自分に言い聞かせて
耐えてきた。
でも一生懸命自分を説得しようとしても
心の奥では拒絶反応が渦巻いている。
この矛盾は決して簡単には解決しない。
この葛藤に共感の持てるアドバイスが出来る者は
もう居ない気がして寂しい。
自分で決めるしかないのである。

思いは人それぞれ
正解も人それぞれ
他者と共存して迷惑をかけない範囲なら
自分にとって良い選択をすればいいのではないのか?
最近、段々とそんな気がしてしまう。


何が正解なのか?
エビデンスやガイドラインだけでは
自分にとって何がベストなのか?
最近は決めれなくなってしまった。
信頼しようと努力はしているけれど
直視すると、何の保証もないのでは?と
つくづく思う。
不調に対していろいろ対症療法は提示してもらえるけれど
痛くなったり痒くなって肌がボロボロになって
処方されたお薬が効かなくても
違うお薬を処方されるだけで
それが効かなくても「おかしいね、他の人には効くのに」と
言われればそれ以上はどうしようもない。
耐えるしかない・・・
医師を信頼してリスペクトして選択しても
思っていたようになるとは限らない。
そうなると24時間TVや神の手を持つ
奇跡の医者のドラマではなく
松本清長の『悪いやつら』や
TVドラマの『ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜』みたいな
負の思考に陥ってしまう。
治療前の体調に戻してくださいと言っても戻らない。
あの時はまだ全力疾走も出来て
山登りやトレッキングも楽しめて
肌も髪の毛も綺麗だったのに・・・・・・
これでがんに効いてなければ悲しくなる。
効いていないのにあちこちポンコツで
痛くなったり苦しくなったりというと
もしあの時あのまま治療しなかったら
どれだけがんが悪くなったのか?
親類には告知を受けたのに抗ガン治療を拒否して
もう10年以上どうもない人がいる。
患者会でも抗ガン剤を受けてない人の方がいまだに元気で
反対に真面目に治療を受けた人の多くは死んでしまった。
治療を受けたことであの症状にしては余命が伸びたと聞いても
お元気そうに見えたのに、どうなんだろう?と
疑心暗鬼を拭えない。
そんな事実を目の当たりにしていても
医師の指示と違う道はなかなか選べない。
同意書にサインした時にはまだ曖昧だった葛藤が
ぬぐえず深まっていく時・・・

どうすれば悔いのない道を選べるのだろう?





[PR]
by budda88 | 2016-08-02 06:29 | breast cancer | Trackback | Comments(0)